スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年に観た映画

2009年版(仮集計)同(完全版)
2010年版2011年版
2012-13年版2014年版
2015年版

今回の記事はこれらのつづきである。……このブログも最近更新してないけど長いなあ。

【月毎の本数】
1月:18本    2月:13本    3月:9本    4月:10本    5月:4本    6月:9本
7月:3本    8月:4本    9月:3本    10月:8本    11月:10本    12月:11本

……締めて、102本。2009年(120本)以来の3桁の大台である。
去年より倍近く増えた。まあ例のごとくマニアしか観ない戦前短編とかをだいぶ含む本数ではるが。


【劇場別本数】
頭に●がついているのが今年初めていった劇場。
気に入ってリピートした新作が例年になく多かったので、上映スケジュールと相談してあちこちのシネコン支店に赴くこととなった。
大学や賃労働先からだとどこへ行ってもそれなりに電車賃は一緒なので、首都圏の結構あちこちに行っている。
今年の102本は、リピート抜きのユニーク数でいうと80本余りとなるのだが、そのうち16作品が2015-16のものだった。一方、戦前作品が25本ほどで、うち10本は活動弁士付きの無声映画だった。今年はとうとう無声映画鑑賞会なるものにも入ったのであった。


ラピュタ阿佐ヶ谷 21
立川シネマシティ 12
神保町シアター 9
シネマヴェーラ渋谷 8
新宿バルト9 6
●無声映画鑑賞会(各会場) 5
新文芸坐、●TOHOシネマズ新宿 4
●TOHOシネマズ日劇 3
●TOHOシネマズ錦糸町、●イオンシネマ幕張新都心、●テアトル新宿、シネ・リーブル池袋、新宿ピカデリー、ユナイテッド・シネマとしまえん、目黒シネマ 2
川崎市市民ミュージアム、ポレポレ東中野、●イオンシネマ市川妙典、●シネマサンシャイン平和島、●イオンシネマ港北NT、TOHOシネマズシャンテ、TOHOシネマズスカラ座、キネカ大森、●TOHOシネマズ西新井、●TOHOシネマズみゆき座、TOHOシネマズ日本橋、●有楽町スバル座 1

自主上映会・映画祭等 4




長くなったので、追記の方でベスト10と好企画をまとめる↓

続きを読む

スポンサーサイト

2015年に観た映画

2009年版(仮集計)
同(完全版)
2010年版
2011年版
2012-13年版

今回の記事はこれらのつづきである。

とりあえず、月毎の本数。
1月:2本    2月:5本    3月:3本    4月:6本    5月:3本    6月:11本
7月:0本    8月:8本    9月:5本    10月:3本    11月:0本    12月:9本

……締めて、55本。去年より1本増えた計算だ。

で、劇場別は以下のごとし。
新文芸坐 15
ラピュタ阿佐ヶ谷 10
シネマヴェーラ渋谷 8
神保町シアター 7
新宿バルト9 3
早稲田松竹 2
キネカ大森 2
●川崎チネチッタ 1
●ユジク阿佐ヶ谷 1
●丸の内ピカデリー 1
下高井戸シネマ 1
●シネ・リーブル池袋 1
●目黒シネマ 1
●立川シネマシティ 1
自主上映会 1


けっこうムラが出た。あたまに●のついているのが今年の初訪館。


で、スクリーンに観に行ってよかったものベスト10。観た順で。

・「独立愚連隊」(1959/東宝/岡本喜八)@シネマヴェーラ渋谷 2/26
DVDでは何度か観ていたが、スクリーンで見る機会はこれまで都合が合わなくて得られなかったもの。
喜八の個人的ベスト「独立愚連隊西へ」も、劇場で見る機会が実はまだない。
東宝の脇役俳優が大量に見られるのはよいものである。

・「天国の門 デジタル修復完全版」(1980/アメリカ・UA/マイケル・チミノ)@早稲田松竹 4/4
UA社を大負債によって潰したいわくつきの映画の完全版。
公開当時はWASPの恥部を強調して蒸し返したのが癪に障ったせいか全米が叩いたというが、
WASPに肩入れする義理のない立場から見れば、題材にも絵にも申し分ない、雄渾な大作であるとしか感じない。
ただ黒澤明が完璧主義を発揮しても、多分だいぶ安上がりで撮れるだろうと思う。その点、無駄は無駄。

・「砂の器」(1974/松竹/野村芳太郎)@神保町シアター 4/27
原作の不備をカットし適切にまとめ直した映画化のお手本のような脚本がとても良い。
ただ作中の協奏曲は幼稚に感じた。こちらは俗情とのケッタクのお手本のようでとても悪い。
宮本常一の本で読んだが、遍路にかこつけて故郷からよく追い出された患者は実際にいたという。

・「天国と地獄」(1963/東宝/黒澤明)@新文芸坐 6/2
今年は新文芸坐の黒澤明特集に通うことができたので、スクリーンでは未見ばかりだった黒澤映画をだいぶ観る事ができた。
観た中ではこれがいちばん。これは天下最高の佐田豊映画というべきであろう。

・「デルス・ウザーラ」(1975/ソ連/黒澤明)@新文芸坐 6/4
これは特別上映企画で、応募して当選すれば無料で観られるものだったはず。
黒澤明好きでかつスラヴ者でもありながら、なんとソフトでも観たことがなかった。
デルスの話すロシア語がмного-много良い。虎もかわいい。

・「ピクニックatハンギング・ロック」(1975/オーストラリア/ピーター・ウィアー)@新文芸坐 6/27-28
変な映画だった、どこがいい、とか語りたいことは(ここに選んでおいてなんだが)別にないのだが、
中盤にコナン・ドイル「ボスコム渓谷の惨劇」に出てくるCooeeと思われる掛け声が出てくる。
あれを聞いて見たければこの映画は必見である。

・「荒野の千鳥足」(1971/オーストラリア/テッド・コッチェフ)@新文芸坐 6/27-28
しけたオーストラリアの田舎で、貧相な主人公がきったないオッサンどもに振り回され、
ビールとギャンブルとカンガルー狩りのどぶどろ沼に引きずり込まれ…というえげつない映画。
カンガルー狩りのシーンには狩猟の記録映像を利用しているとかで、つまり殺害シーンは本物。大いに酷い。
豪州特集のオールナイトで強制的に観せられなければ観なかった映画だと思う。
今年はオーストラリアづいていた。

・「日本のいちばん長い日」(1967/東宝/岡本喜八)@新文芸坐 8/8
原作の方である。新作はきわめて稚拙な代物でがっかりした。
この時点での東宝専属俳優の相当数の顔が見える。専属も含め、よくもまあこれだけ多彩な面子を揃えたものである。
こういう映画を成り立たせていた「映画俳優」はこの数年後には全員専属解除で、東宝からはいなくなった。

・「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015/豪・米/ジョージ・ミラー)@新宿バルト9 8/15
あまりにも好評なのでシリーズ過去作を観ないままに行ったが、さほど問題はなかった。
自分がこういう映画に入り込めるとは発見だった。
「ピクニック~」「荒野の~」等の上映は、これの先触れだったわけである。
シリーズ第1・2作もその後観たので、今年は豪州映画をなんと7本もみたことに。

・「大菩薩峠」(1967/東宝/岡本喜八)@シネマヴェーラ渋谷 12/12
3本目の喜八だ。今年はとりたてて特集上映がなかったはずだが、わりと未見の喜八を消化できた感がある。
仲代達矢を連れてきたらまあこうなるだろうなあ…という狂犬じみた机龍之介が個人的な好みにはあっていた。
国内よりも、昔からアメリカあたりのサムライ物ファンに受けていたというのは、判る気がした。


というわけで、今年は未ソフト化の作品はさして良いものと出会えなかった。
全部DVDなりが出ているので、観ようと思えば容易なものばかりであった。




2014年に観た映画

2009年版(仮集計)
同(完全版)
2010年版
2011年版
2012-13年版

今回の記事はこれらのつづきである(このブログも長いなあとちっとばかり感慨)。

さて、ここ2,3年ほど離れていた映画館通いであるが、今年はけっこう持ち直し、月4~5本ペースと相成った。
とはいえ、本年は戦前の短編を多く含むプログラムにしばしば足を運んだので、長編換算するとすれば月3~4本程度ということになるだろうか。

月毎は以下のごとし。
1月:0本    2月:6本    3月:7本    4月:0本    5月:3本    6月:3本
7月:3本    8月:15本    9月:6本    10月:7本    11月:0本    12月:4本

……締めて、54本。



で、劇場別は以下のごとし。
ラピュタ阿佐ヶ谷 16
新文芸坐 10
フィルムセンター 8
キネカ大森 4
神保町シアター 2
早稲田松竹 2
新橋文化劇場 2
品川プリンスシネマ 2
TOHOシネマズ日本橋 2
シネマヴェーラ渋谷 1
新宿ピカデリー 1
イオンシネマ羽生 1
TOHOシネマズ・スカラ座 1
シネマート新宿 1
池袋HUMAX 1



とりあえず良かった映画、鑑賞する機会が得られて嬉しかった作品等を10本挙げてみる。
・「奇巌城の冒険」(1966/東宝/谷口千吉)@シネマヴェーラ渋谷
ルブランのルパンものとは無関係で、前半は遣唐使の仏舎利探し&後半は「走れメロス」というけったいな活劇。わざわざイランに行ってロケした砂漠シーンと、伊福部昭の中東風音楽がなかなか良い。総合では何だこりゃな怪作なのだけれど。私は伊福部昭「SF交響ファンタジー」第2番冒頭部の旋律ということで知って以来観たかった映画なので、怪作でも満足。昔VHSは出ていたようだがDVDやBDはない模様。しかし、今年ヴェーラで観た映画ってこれだけか。
・「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」(2013/宮本幸裕、新房昭之)@イオンシネマ羽生
元のTVアニメはニコ動あたりでやった時に観た程度でそれほど好きでもなかったが、偶然キネカ大森で劇場版前後編を観た結果、物語も表現技術もなかなかいいじゃないかと思い、さらに新作が郊外ではまだ公開中だと聞き及び、暇を持て余していたこともあって埼玉の外れまで行ってきた次第である。初見では情報量が多く本筋プラスαしか把握しきれなかったが、表現としてはゼマン風で素晴らしい。最後に英語などに混じってチェコ語のKONECが現れたのは、やはりゼマンらへのオマージュか。
・「黒部の太陽」(1968/熊井啓)@新文芸坐
最近になって解禁?されるまで数十年間市長困難であった作品。復活当時はあちこちでやっていたのだが、なんだか行く気になれず2014年になってようやく観た。三船と並ぶと裕次郎はただのガキに見えるので、石原サイドにとっては正直なところ面白からざる作品であったろう。封印の理由ってほんとはそれじゃないのと勘ぐる。
・「特急にっぽん」(1961/東宝/川島雄三)@新文芸坐
新幹線開業前の東海道線で数年間走っていた在来線特急「こだま」が舞台の群像劇。聞けばこの「こだま」は電車による国鉄初の特急だそうで、黒澤明「天国と地獄」でも出てくるあの特急だとか。後期の川島作品としては見逃していたうちの一本。このころの食堂車はずいぶんモダンになってはいるものの、百閒の「阿房列車」時代のものをまだ受け継いでいるようで面白い。
・「死刑執行人もまた死す」(1943/フリッツ・ラング)@新橋文化劇場
ナチス支配下のプラハで実行された、副総督ラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画(エンスラポイド作戦)。その後の弾圧に抵抗する市民を描く反ナチ映画の名作である。のだが、チェコ者としては、どうも考証にあきたらない気分になる。人名などのスペルがポーランド語のようだったり。スタッフに亡命チェコ人などが一人もいないようだから仕方ないか。入場してみたら来月末で閉館との知らせが貼ってあった新橋文化劇場にて観た。
・「江分利満氏の優雅な生活」(1963/東宝/岡本喜八)
DVDでは何度か観た映画だが、スクリーンで見ると没入の度合いが違うからかはるかに印象深いものがあった。やはり年に一本は名画座で喜八を見たいものである。
「AN EXPRESSION(表現)」「PROPAGATE(開花) 」「百年後の或る日」(荻野茂二)@ラピュタ阿佐ヶ谷
荻野茂二はアマチュアの小型映画作家。ラピュタ阿佐ヶ谷で企画された「戦前日本SF映画小回顧」というプログラムの一環として上映されたのだが、和製リヒターという趣の「表現」「開花」や、星一風(星新一風に非ず)の商業映画の先を行く未来観を示す「百年後の或る日」など、なかなか質が高かった。
・「駅馬車」(1939/ジョン・フォード)@シネマート新宿
キネノートを利用し始めたところ、ちょうどやっていたキャンペーンに当選して招待券が送られてきたため観に行った作品だ。こういう映画史上の名作は案外足を運ぶ気にならない性分なのでありがたい。中学ぐらいの時にビデオでは見たことがあったが、当時も面白いとは思いつつも筋書きは忘れてしまっていた。で再見して思ったのだが、うん、さすがである。贅言を要さない娯楽大作。
・「『木屋町三條』より その前夜」(1939/PCL/萩原遼)@ラピュタ阿佐ヶ谷
観に行く前日まで存在すら知らなかった前進座映画。池田屋事件を、近所のある一商家の人びとを通して描く時代劇。脚本がしっかりしているのも当然で、あの山中貞雄によるもの。山中の出征・戦死がなければ、あるいは遅ければ自身の手で撮られていたかもしれない。私は尊皇とヤンキー嫌いの両面から、新撰組というものが(誰も見ていなければ墓にクソでも垂れてやりたいほど)大嫌いなので、本作にあるならず者集団としての(おそらくはリアルであろう)描写には大いに共感するところ大。
・「若い娘たち」(1951/東宝/千葉泰樹)@フィルムセンター
岡本喜八の監督第二作と同題であるが、この千葉泰樹版こそが喜八のリメイク元。石坂洋次郎原作のストーリーはまったく同じで、どうやら上映時間まで同じ78分らしい。ただ、学園祭シーンなどを見比べると文化の変わりようが激しく、面白い。喜八版と比べるとテンポも良くないが(上映時間もストーリーも同じなのに)、それは喜八と比べてしまうからであって、1951年の日本映画というともっと古めかしい感じのするものが多い中、本作はかなり清新な印象を受けた。最初の「青い山脈」とは十年は離れてそうな感じさえした。

2012~2013年に観た映画

2011年まではその年名画座などで観た映画の集計記事を書いていた。
最近はすっかり映画館に行かなくなってしまっていたのでこの記事も立ち消えのようになっていたが、やはり据わりが悪い気がするので2年分まとめて今更ながら書くことにしたのである。

まずは年別本数。
2012年は6本、2013年は18本を観ていた。うむ少ない。

劇場別。
ラピュタ阿佐ヶ谷 16本
フィルムセンター 5本
神保町シアター・新宿バルト9・キネカ大森 各1本

これは行って良かった、という作品。
「悪の階段」1965/東宝 鈴木英夫監督
「東京ラプソディ」1936/PCL 伏水修
「どぶ鼠作戦」1962/東宝 岡本喜八
「青春酔虎伝」1934/PCL 山本嘉次郎

2014年は、これを書いている8月10日時点でもう23本観ている。過去二年を抜けそうだ。

2011年に観た映画

一昨年昨年に引き続き、今年観た映画の集計。

最近は色々あって、全然映画を観る気になれずにいた。2008、2009両年は3桁を観た私だが、2010年は60本台と約半減し、ついに今年は29本止まりであった。

月毎の本数は、以下のごとし。

1月 4本     2月 2本     3月 4本     4月 4本
5月 2本     6月 5本     7月 4本     8月 1本
9月 0本     10月 1本    11月 2本    12月 0本


劇場別は以下のごとし。

ラピュタ阿佐ヶ谷 6
神保町シアター 5
フィルムセンター 3
早稲田松竹 3
シネマヴェーラ渋谷 2
新文芸坐 2
キネカ大森 2
UPLINK X 2
ポレポレ東中野 1
シアター・イメージフォーラム 1
新宿ピカデリー 1
ユナイテッドシネマとしまえん 1


観た映画の質も今年は振るわなかった。とりあえず鑑賞する機会が得られて嬉しかった作品等を5本ほど選ぶと、以下のような感じになるだろうか。順番は観た順。
・「吾輩ハ猫デアル」(1936/PCL/山本嘉次郎)
漱石の言わずと知れた同名小説最初の映画化。徳川夢声の迷亭役が玄人筋には名高い作品。ラピュタ阿佐ヶ谷の夢声特集にて。
・「三本指の男」(1947/東横/松田定次)
横溝正史「本陣殺人事件」最初の映画化。有名なトリックをなかなかうまく映像化していることに感心。千恵蔵の一人二役は誰がどう見てもバレバレ(とここに書いてもネタバラシには当たらないくらい)だったりするが、そんなのも含めて魅力的なのはやっぱり千恵蔵が役者だからか。終戦直後ならではのとってつけたような封建制disも痺れる。
・「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008/スウェーデン/トーマス・アルフレッドソン)
早稲田松竹にて。目当ての映画(下記)の添え物だったのだが、本命作品との相乗効果で思いがけず良かったので。スウェーデンのホラー。原作も翻訳されているようだ。
・「闇の列車、光の旅」(2009/米=墨/キャリー・ジョージ・フクナガ)
ホンジュラスからUSAへ不法入国を目指す少女が道中のメキシコでストリート・ギャングの少年と出会い云々、という話。スウェーデンの冬とは対極すぎる猥雑で暑苦しい世界だが、少年少女を取り巻く鬱屈・圧迫と血みどろは一緒。これはなかなかいい二本立て企画だった。
・「姿なき目撃者」(1955/東宝/日高繁明)
渡辺啓助「浴室殺人事件」の映画化。個人的に愛好する作家・渡辺啓助の唯一の映画化。今年死んだ山内賢の子役としてのデビュー作でもある。そんなに面白い映画でもないんだが、へえ昔はこんな風呂があったのか、と。

まあざっとこんなかんじ。


そういえば、チェコにいる一ヶ月の間、大学の講堂でニ三本映画を観た。記憶にあるのは、先日死去したヴァーツラフ・ハヴェル原作の新作「Odcházení」と、確かフィルムセンター恒例のEU特集でも掛かった「Nuda v Brně (ブルノの退屈)」。
前者は語彙が難しく内容がよく判らなかったが、民主主義のリーダーに祀り上げられた自身の立場をシニカルに戯画化した感じのちょっとグロテスクな不条理劇だったのではないだろうか勘違いかもしれんが
後者はもっとわかりやすいコメディ。だが後日日本語のサイトで情報を得るまで、主人公が知的障害者という設定だったのに気づかなかった。ただの童貞こじらせた毒男かとばかり…。
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。