暗渠(1):阿佐ヶ谷 川端通り先

阿佐ヶ谷駅南口、バスロータリーの南端から西に延びる短い商店街がある。その名も「川端通り」。
こういう名前の通りは、しばしば元来川が流れていたところである。

商店街の先の細い道をたどって住宅街の中に入ると、画像のように明らかな暗渠が現れた。
コンクリートの板を横に渡しただけの蓋。

ankyo1-1.jpg ankyo1-2.jpg

左が阿佐ヶ谷駅方面を向いたもの、右は駅に背を向けて撮ったもの。


暗渠には猫が似合う。ここにも一匹いらっしゃった。

ankyo1-3.jpg
スポンサーサイト

マンホール(9):東京帝国大学・補足

マンホール(1)に追加。

まず1枚目。前回は載せなかった、「マンホールのふた―写真集 (日本篇)」83ページと同じ蓋。但し、それぞれの文字の大きさが同書のものよりやや小さい。
この蓋に関して、「東京帝国大学」となる以前の「帝国大学」時代(明治19~30年)のものとする説があるが、それではいくらなんでも古すぎるだろう。
最初の近代的下水道である神田下水の工事が資金難で停まったのが明治19年、東京市が再度下水道改良事業に着手するのが明治44年である。要は東京下水史の空白期間と帝国大学時代は重なるわけであり、いくら帝大といっても独自の下水道を備えていたとは思えない。
そもそも、現在の建物の配置が決まったのは関東大震災後のはずである。帝国大学時代に下水道ができていたとしても、その配置は今マンホールがある位置とは異なるはずだ。
「帝大下水マンホール明治起源説」はおそらく否定して良いだろう。
mh9-1.jpg

2枚目は前回の「東京帝国大学 暗渠」とおおよそ同じであるが、「東京帝国大學」の文字の向きが異なる。また「暗渠」の字体も異なるように見える。
mh9-2.jpg

3枚目は下水道のものではない。、「マンホールのふた―写真集 (日本篇)」の巻頭カラー写真にあるものに似た電気関係の蓋である。
これは一見本の写真と同じであるが、電の字が逆向きになっている。つまり、本では「東」と「電」が同じ向きだが、この画像では「国」と「電」が同じ向きである。
mh9-3.jpg

マンホール(8):東京都下水道局の通常の蓋

街でよく見かける東京都下水道局のごく一般的なマンホールについてまとめておこう。

1,昭和40年代~昭和末くらいまでの蓋
  同心円と放射線を交差させたこのデザインは大正時代には既にあったもので、当時の東京市が創ったものらしい(「マンホールのふた―写真集 (日本篇)」では「東京市型」と呼んでいる)。このデザインは下水道蓋の典型的なものとして普及しており、中の紋章だけが違う同様の蓋は全国にあるはずだ。
なお、昭和40年代以前は画像のものとちょっと違うデザインだった。紋章の線が全体に太く、その分6本の放射線はかなり短かった。

mh8-1.jpg

2,昭和末/平成初期~平成13年3月まで
  5弁の桜の花をデザインし、中に「東京・下水道」と記載されている。画像のように、錆び具合やライティングによって結構見た目の色や雰囲気は変わるが、材質は同じだろう。

mh8-2.jpg  mh8-3.jpg

3,平成13年4月以降
 現時点で最新型はこれ。時期がはっきりしているのはこういうページが残っていたため。
先代の蓋に似ているが、それぞれの蓋の番号を刻んだキャップを埋め込めるようになっている。下の画像のようにキャップが埋め込まれていないこともよくある。コンクリ蓋でも似たような仕様あり。

mh8-4.jpg  mh8-5.jpg mh8-7.jpg mh8-8.jpg




ネズミの国に喧嘩売る

先日吉祥寺のK書店でひょっとするととんでもないものを見つけた。
私の目には著作権にうるさいアイツを、「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」の要領で描いたもののように見えるのだが…。
このくらい下手だと別物として通るのか、それともD社は容赦しないのか。気になる。

zakki1.jpg

団地の映画:「彼女と彼」(1963・羽仁進)

名画座に通って昭和3~40年代の日本映画を観ていると、かなり当時の団地の映像に出くわす確率が高い。
住宅公団による団地は当初、新しい生活スタイルの舞台としてかなり人気と羨望を集めたときく。
それゆえか、映画のなかでは団地の暮らしは肯定的に、理想的な生活として描かれていることがしばしばある。勿論、そうでないことも。

「彼女と彼」(1963・羽仁進)はそうでないものの先駆的な例だ。詳しい粗筋の紹介はこのあたりに任せる。
粗筋の通り、この作品では団地とバタ屋部落が対を成している。片や堅気の砦、片やまつろわぬ遊民の巣。
いかにも陳腐な二元論ではあるが、丘の上にそびえる団地の威容の迫力は確かに圧倒的なものがある。
石版でも立てたような住棟群はきわめて硬質なイメージで、山下菊二演ずる奇妙なバタ屋―異物―にとって侵入のし甲斐があるものとなっている。良識の城である団地の住人にしてはどこかズレた感のある左幸子が、異物を引き入れる「堤の穴」として機能している。

それにしても、異物の眷属たる盲目の少女がまるで近藤聡乃のマンガ(これとかこれとか)から抜け出たようで凄まじく怖い。

作中に百合ヶ丘駅が出てくる。ロケ地も順当に百合丘第一団地とみてよいだろう。3~4棟固まって建つスターハウス(空中写真by国土地理院の中央右寄り)も劇中の風景と符合する。

続きを読む

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク