スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年に観た映画(完全版)

さて、12月も半分が過ぎた。これから先、さほど積み増しはなさそうなので、もう今年の名画座通いの総括をしてしまおうと思う。
昨年版に倣って、月ごとの本数からまとめよう。

1月 4本
2月 4本
3月 4本
4月 7本
5月 2本
6月 5本
7月 2本
8月 4本
9月 5本
10月 6本
11月 10本
12月 9本

締めて 62本である。続いて劇場別は以下の如し。

ラピュタ阿佐ヶ谷 14
シネマヴェーラ渋谷 11
早稲田松竹 8
神保町シアター 8
フィルムセンター 7
銀座シネパトス 6
新文芸坐 4 
チェコセンター 2
試写類 2


昨年の120本、一昨年の101本に比べると激減してしまった。忙しい時期が多かったのと、暇な時期に食指の動く企画が少なかったせいである。観に行く意欲自体は落ちていないのであるが……。
劇場は今年は分散した。特定のところに通いつめるという時期がなかったせいだろう。折角無料になったフィルムセンターを活用できてないのが悔やまれる。

去年はベスト13を選んだのだが、今年それだけ選んでしまうとえらくハードルが下がる気がするので、ちょっと減らしてベスト8。順番は見た順で、順位は付けない。
・「Wの悲劇」(澤井信一郎/1984/角川映画)
 研究室の熱烈な薬師丸ファンが激賞していたので、神保町シアターで採り上げられたのを機に見てきたのだ。いわゆるアイドル映画にこれほどのものがあるとは! 全く予想外だった。印象的な落ち着いた演出は澤井信一郎独特のものだそうだ。それにしてもラストのストップモーションは反則だと思う。
・「燈台」(鈴木英夫/1959/東宝)
 原作は三島由紀夫の戯曲。一時間ほどの中編なのであるが、室内劇の構造をそのまま上手いこと映像化した例。サスペンスの鈴木英夫らしい締まった印象の好編。シネマヴェーラにて。DVDなし。
・「東北の神武たち」(市川崑/1957/東宝)
 これまた中編。原作は「楢山節考」の深沢七郎。東宝脇役男優がズラリと出ており、脇役マニアとしては気になっていたのだ。深沢七郎的東北ってのはなかなかマジックリアリズムに通づるところがある。フィルムセンターにて。DVDなし。
・「怒りの孤島」(久松静児/1958/日映)
 そんなにたいした映画ではないのだが、滅多なことでは見られない貴重な作品なので選んだ。日映は、大映から独立を図るもこの一本を撮ったのみで潰されたいわくつきの会社。本作は実際にあった「舵子事件」(瀬戸内の孤島の漁村における、子供の人身売買-使役-虐待事件)を基にした告発的な映画で、制作当時は小学校の映画会などで盛んに上映され、子供たちにトラウマを遺したという。新橋のうらぶれた試写室にて。当然DVDなし。
・「独立機関銃隊未だ射撃中」(谷口千吉/1963/東宝=宝塚映画)
 岡本喜八の「独立愚連隊」の流れをくむ戦争映画シリーズの一本。谷口千吉後期の代表作。トーチカを舞台とする密室劇で、これまた脇役マニア(特に堺左千夫ファン)歓喜のキャスティング。ラピュタ阿佐ヶ谷にて。DVDなし。
・「さびしんぼう」(大林宣彦/1985/東宝配給)
 大林作品は妙なエフェクトを多用する辺りが痛々しくてなかなか観る気がしないのだが、これに限ってはよい。
・「妻の心」(成瀬巳喜男/1956/東宝)
 成瀬はいまアメリカではクロサワ、オズ以上に熱烈なファンを獲得しているらしい。一体どのへんが受けているのか気になって、食わず嫌いの成瀬をなるべく見ようと思っている。黒澤「素晴らしき日曜日」と並ぶ、日本三大喫茶店開業志願映画(あと一本はなんなのか知らない)。神保町シアターにて。DVDないかも。
・「千年女優」(今敏/2001)
 夏に急逝した今敏の追悼上映からはこれを選ぶ。もとはそれほど好みではなかったが、「女優が追い求める」かつ「女優を追い求める」映画であるという二重性に気づいて評価は一変した。虚実が入り交じる演出に賛否あるようだが、元役者にインタヴューすれば自然と言葉の上では実人生と映画はあのように混じり合うんじゃないか。それを一種忠実に絵にしてみせたということかなと思う。


なんだか物足りないので、企画・館別ベスト5も出してみよう(自分が見た本数の多い順5つではなく、好企画だと思ったものである)。
・東宝娯楽アクションの雄 谷口千吉監督の仕事 (ラピュタ阿佐ヶ谷:06/06 ~ 07/10]
・俳優・夏木陽介 風の中を走る! (銀座シネパトス:09/25 ~ 10/29)
・尾道三部作一挙上映&今敏追悼三本立て (早稲田松竹:09/25 ~ 10/01、10/30 ~ 11/05)
・川島雄三「シブ筋」十八選 (シネマヴェーラ:10/09 ~ 10/29)
・生誕百年 映画監督 黒澤明(国立フィルムセンター:11/09 ~ 11/26)
※ヴェーラだと「映画作家・鈴木英夫のすべて」も良かったけれど、個人的に未見の作品の数は多くなかったので外した。

ざっとこんなところである。
これから控えている企画では、ラピュタ阿佐ヶ谷の徳川夢声特集、シネマヴェーラの溝口特集、銀座シネパトスの小林桂樹追悼特集あたりが気になる。

(12/16仮集計公開; 12/17一本追加; 12/21三本追加; 12/27一本追加; 2011/01/01完全版公開)
スポンサーサイト

マンホール(74):営団地下鉄・東京メトロの蓋

今回は東京メトロの前身・営団地下鉄(帝都高速度交通営団)が(1953~)1960~2004年の間使用していたSマークの入った蓋などを紹介してみる。
これはその名の通りアルファベットの「S」の図案化であり、営団の経営理念、4S(すなわちSafety; Security; Speed; Service)を意味するものだという。そんなに数が揃っているわけではないのだが、追い追い追加するとして記事にした。

mh74-1.jpg
御茶ノ水から本郷方面に歩く途上、順天堂大学の傍で撮影。植え込みなどに割とよくある。

mh74-2.jpg
これはなぜか東大浅野キャンパスの中にあった。どうみてもSマーク。代用品が定着したのか?

mh74-3.jpg
皇居近くのオフィス街の植え込みにも埋もれるように存在。


そういえば、まだメトロのM字マーク入りの蓋を見たことがないような。副都心線あたりの新駅を中心に探せばあるのかもしれない。



追記 2011/03/09
文末に触れたメトロの蓋についてコメントを頂いていたが、先日ついに撮ってきたので掲載。
mh74-4東京メトロ  mh74-5東京メトロ紋章部


追記 2011/09/02
mh74-6.jpg mh74-7.jpg
方南町駅の地下通路で見つけた蓋。暗いところにあってうまく撮れなかったので、色調違いの二枚を両方載せてみる。◯と×を組み合わせた地紋は下水道局の自働洗滌槽・特殊人孔蓋のものと似ている。

mh74-8(帝都高速度交通営団_神宮前 mh74-9(帝都高速度交通営団_神宮前_中央
帝都高速度交通営団」と長々書かれた蓋。外苑前駅付近で発見。地紋は、「マンホールのふた」によると昔電気関係でよく使われていた仕様。

珍しいのでストリートビューを載せてみよう。

大きな地図で見る

マンホール(73):東京都水道局の蓋の変遷

東京都(東京市)の上水道の蓋の歴史はちゃんと調べていないのでまだわからない点も多いのだけど、だいぶ前から保留状態で放置されている画像があるので今回記事にしてしまう。
自分の認識を整理するためにも大雑把に歴史をまとめておこう。

1.最古級の蓋
下の蓋がどうやら東京市水道局でも最古級のものらしい。
mh58-1.jpg


2.戦前期?の様式
戦前期には、消火栓の蓋とその他設備(流量計、伸縮管、阻水弇など)の蓋とで地紋のデザインを区別していた。すなわち、
・消火栓:斜め格子を彫って菱形を浮き彫りにした柄
・その他:東京市の紋章を連続させた亀甲柄(1.の柄の修正ともいえる)
という区別である。

戦前の消火栓の実物画像は今ちょっとないのだが、三鷹市のこの蓋に近いものである。
mh22-2.jpg

また、その他の蓋の画像は以下の通り。
mh37-1.jpg 伸縮管
見ての通り右書きと左書きの二通りがある。一概には言えないが、後者は左書きが一般化した戦後の蓋である可能性もある。


3.戦後~昭和40年代初頭の様式
消火栓か否かでの区別はなくなり、亀甲柄は廃止され量水器等も斜め格子柄になる。
以下の画像は今回が初出となるが、恐らく昭和2~30年代のものである。
mh73-1.jpg mh73-2.jpg mh73-3.jpg
いずれも本郷界隈での撮影。継ぎ目の出来など精巧さを欠いているあたりが戦後初期っぽいというのは邪推か?

また、コメント欄にあるように、この時期の消火栓蓋の所在を教わったので撮ってきた。
mh73-4東京旧旧消火栓 1 mh73-5東京旧旧消火栓 2 mh73-6東京旧旧消火栓 3
字体がちょっと変である。

4.昭和40年代~
斜め格子柄の凹凸が改められ、格子のほうが浮き彫りになった様式。
mh33-1.jpg mh28-1.jpg mh43-1.jpg 
mh41-3.jpg mh40-1.jpg mh47-1.jpg

この様式は、蓋の角が丸くなったり装飾が加わったりの変化はあるが現在も用いられている。
mh58-3.jpg mh45-1.jpg
mh40-4.jpg mh33-5.jpg

マンホール(72):CWCの蓋

これまた通信系の蓋。
CWCという社名で検索したところ、これはどうやらインターネットイニシアティブという会社の傘下にあったクロスウェイブコミュニケーションズという業者のようだ。1998年にソニー、トヨタと合弁で設立されるも、2003年8月には早々にITバブル崩壊で会社更生手続き、NTTコミュニケーションズに営業譲渡…という短命に終わった事業者だという(このあたりWikipediaを参照した)。これも大手町。

mh72-1.jpg

mh72-2.jpg


マンホール(71):KVHテレコムの蓋

前回に続き通信系の蓋。
1999設立の外資系通信会社らしい。大手町で撮影。

mh71-1.jpg

mh71-2.jpg
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。