スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(102):北豊島郡・巣鴨町下水道の蓋

現在の豊島区が、北豊島郡に属する高田町・巣鴨町・西巣鴨町・長崎町の4つの町の合併によって生まれたことは、以前も書いた通り。
この地域では、長崎を除く3町で独自の下水道事業が営まれていた過去があり、高田町と巣鴨町についてはその蓋がいくつか現存している。
西巣鴨町の蓋と推測される物件も「マンホールのふた」には載っているが、最近の現存報告は聞かない。

巣鴨町はもともと、中山道(現在の白山通り付近)の沿道を中心に江戸時代からかなり開けていた。
東京市の人口増大・震災後の郊外移転のあった大正末には市内と遜色ないほどの住宅地となり、人口密度は2万台後半に達した。これは現在の豊島区を上回るほどの高さで、それゆえに上下水道等のインフラ整備は喫緊の課題となった。
そこで昭和3年には荒玉水道町村組合が上水道の供給を開始、ついて昭和4年には巣鴨町下水道が起工されるに相成った、というわけだ。

※これから紹介するものは、以前日記形式の記事で紹介した物件であるが、巣鴨町の下水蓋についても独自の記事を立てておきたいと思う。
詳しいことは路上文化遺産DBの記事を見ていただければ事足りるのだけれど。

最も見つけやすいものは、巣鴨駅からほど近い染井霊園の中にある。

mh102-1巣鴨町霊園入り口
霊園の入口。既に標的は視野に収まっているのだから驚きです。小径の半ばの蓋が名古屋市型であることにお気づきだろうか。そうこれは普通の東京都の蓋ではない。

mh102-2巣鴨町  mh102-3巣鴨町紋章部
これぞ巣鴨町の蓋。右は紋章部の拡大。「巣」の字の図案化だと思われる。
この紋章の天地に関しては確証はない。一般にここに掲げた画像の逆とされているケースが多いようだが、次のような絵解きが成り立つことから、私見ではこれが正しい気がしている。

sugamomachi.jpg

霊園内にはもう一枚あるはずなのだが、こちらは見つけそこねたままである。
二葉亭四迷長谷川辰之助を筆頭に、園内には文人などの墓も多くあるが、全体に人選はかなり渋め。掃苔家には、有名墓地の中では通好みの場所とされているらしい。
7月の訪問時には、ところどころに倒れた石塔などが見て取れた。震災の名残であったかもしれない。

なお、巣鴨町にも燈孔が存在したらしい。詳しくはこちらを参照していただきたい(Twitterでは #manhotalk のハッシュタグのもとに複数の愛蓋家が集まり、時にこのような祭りが起こる)。
蔵前水の館という施設の屋外には現物も展示されている模様だ。
スポンサーサイト

某所より発掘された日記 2009年6/7月編 +α

「観た映画のこと」【6/4】
ここのところ大学祭のイベントに出たりいろいろあったのだがなんだか書く気がしない。それでもって久しぶりの日記もまた映画のこと。

ラピュタ阿佐ヶ谷のレイトショー(山中貞雄特集)で「丹下左膳餘話 百萬両の壺」。

伝説的な大物とされる山中監督作品だが、観たのは初めて。評判にたがわぬ傑作だった。
物語は戦前日活の秀作群に良くある感じ、実に巧い脚本であるがそれ以上に感心したのは撮影。特に人物の映らないカットがすばらしい。
たとえば安吉の父が襲われるシーンの人影の絶えた街や。切れるように鮮烈な画面作りの凄味にぞっとした。物陰から左膳がそっと出てくるシーンで、じわりと滲むようにその影が画面に現れる件も印象的。
とにかく細心の作り込みがなされている。堪能した。


「日記はやはり面倒だ」 【7/5】
ここの日記もこの体たらくだし、4月からはじめた紙の日記帳も白紙が目立ってきた。

前回から今までに見た映画でも列挙しとこうか、と思って記録ノートをひもとけばいつの間にか16本も溜まっていた。

特に良かったのだけ挙げればこんな感じ。

マキノ正博「昨日消えた男」1941・東宝 @シネマヴェーラ
山中貞雄「人情紙風船」1937・PCL @ラピュタ阿佐ヶ谷
川島雄三「幕末太陽伝」1957・日活 @早稲田松竹
川島雄三「しとやかな獣」1962・大映 @早稲田松竹
杉江敏夫「戦国群盗伝」1959・東宝 @ラピュタ阿佐ヶ谷

年130本ペースで観られている。後期はどうしてもペースを落とさねばならないが100本はいけそうだ。


「また間が空いてしまった」 【7/25】
日記は面倒だ。やっぱり。

そんなわけで映画の記録をまとめてふたたび。観たもの全部ではなく一部だけ。今回はコメントなんぞも付けてみる。

【7/12】杉江敏夫「黒い画集 ある遭難」1961・東宝 @新文芸坐
 ~伊藤久哉主演作はこれだけだろうか。山岳ものサスペンス。「銀嶺の果て」「抱擁(マキノ雅弘)」「大学の山賊たち」という具合に東宝だけでも結構ある山岳ものの一つで、いずれも結構面白い。自分で行くのは真っ平だが登山をテーマにした作品は映画に限らず結構好きだ。

【7/14】青柳信雄「サザエさん」1956・東宝 @シネマヴェーラ
 ~江利チエミ主演の全10本作られたという実写版シリーズの第1作。藤原釜足の波平はとても自然だった。駈出しの仲代達矢がノリスケを演じていることで有名な作品だが、観てみたら何てことなかった。それもそうだ、ただのサラリーマン役に過ぎないわけだし。
 それにしても、併映が東映バイオレンスポルノ「0課の女 赤い手錠」とはどういうことだ。

【7/19】市川昆「プーサン」1953・東宝 @シネマヴェーラ
 ~こっちにも藤原釜足。「ああ爆弾」と並ぶ伊藤雄之助主演作。何度か見る機会を逃していたのだがやっと見ることができた。時代の雰囲気が重たくやりきれない。黛敏郎の音楽が実に印象的。観た後帰宅してキャベツの玉を見ていたらあやしうこそものぐるほしくなった。生硬な役柄の山本廉などもいい。

【7/21】成瀬巳喜男「秋立ちぬ」1960・東宝 @神保町シアター
 ~金がないので一食抜いて作った1000円で観にいった。78分の小品だが、実に良かった。子供が主題の日本映画ではトップクラスの名作ではないか。
 色々な作品で目立たない端役をやっている桜井巨郎が運転手役で出ていた。この役者の顔を初めて知った。成程人は良さそうだが目立たない役者だ。そういえば黒澤の「悪い奴ほどよく眠る」で検事役をやっているそうだが、どのシーンの誰が検事なのかさっぱりわからない。


「今朝のこと」 【7/26】
あまりに寝苦しく4時前に起きてしまい、どうしても寝付けそうになかったので、自転車に乗ってぶらつくことにした。
都内の日中の道は混雑を極め、安全快適に走り回るのは至難だが、四時台ともなれば車も人も殆んどいない。気晴らしには丁度いいということを思い出したのだ。

調布近くまで一気に南下後、方向を変えて下連雀をうろうろ。それから三鷹駅西方の太宰治所縁の陸橋にのぼり、中央線北側をうろついた後また南下。普段行かないやや遠くの西友(24時間営業)で朝食を調達して帰った。


※全体にいい映画観てるな。最近は今一名画座の企画に乗れなくて全然見てないや。
※「悪いやつ~」の桜井巨郎は、保釈された建設会社重役が再逮捕されるシーンで、逮捕状を見せる人の横に一緒に立っている男ですね。
※朝の武蔵野三鷹界隈は本当にいいのだ。野川あたりは最高。この時のメモ、記事にしてあった

続きを読む

某所より発掘された日記 2009年5月編

なんか出てきたので晒してみる。青字は2011年の私による自注。


「とりあえず」【2009/05/13】
特に書くことも他に思い当たらぬので13日に買ってきた古本の書名でも並べてみようか。

「瀕死の春」ラヨシュ・ジラヒ著 新潮文庫 100円
「ジャン・バロワ 上下」マルタン・デュ・ガール著 新潮文庫 200円
「愛国者 上下」C.F.マイエル著 弘文堂世界文庫 600円
「チェコ語=日本語辞典」京都産業大学出版会 3000円

なかなかいい買い物であった。ジラヒとマイエルは特に。
お陰で辞書の割高感は吹っ飛んだ。

帰宅を待たずして楽天戦は終わっていた。無事勝てたので嬉しい。
小山-グウィンは観戦するとなんとも危なっかしいように見えて、数字だけ見ると実に優秀なので不思議。

※この辞書は今夏のチェコ行きにも持っていった。巻末変化表の校正が適当で困る本なので、これから買う人は本書をもとにして大学書林から出された「現代チェコ語日本語辞典」を買うに限る。古本でいいや、と京産大版を選ぶのは愚策だ。
※この時期はまだ駒場の古書店によく行っていた。




「またも古本の話」 【05/16】
ひょんなことから朝帰り。朝一で渋谷の古書店に飛び込んだら棚にこれがあった。

「若き日の哀しみ」ダニロ・キシュ著 東京創元社 300円

特段難点もない本なのに、わずか300円。
普通なら千円の出費は覚悟すべき本なのだが。これは嬉しい。

楽天戦は14時からで、朝帰りの身には応える…。
欲望に従い昼寝して、起きてみたら丁度八回が終わったところだった。
岩隈は大したもの。今やランナー2塁程度のピンチでは本気になれない体質なのかもしれん。

※岩隈がまだすごかった頃…。



「映画」【5/26】
久しぶりの映画鑑賞。
シネマヴェーラ渋谷にて「東京のえくぼ」「續清水港」。

前者は松林宗恵のデビュー作。いかにも新東宝臭い代物だが、新東宝臭さは程々であって見られる佳作だった。案外フィルムの保存状態は良かったが、今新東宝の上映用プリントはどこが管理しているのだろう。いっそ東宝のフィルムもそこで管理してくれ。そして褪色していない「国際秘密警察」や「大学の山賊たち」を見せてくれ。…とは冗談だが、これはやはり上映機会の多寡の問題だろうな。

後者は春先に「シネマ大吟醸」という本で紹介されているのを見て観たかったものだが、早々に機会が訪れた。
浪花節については明るくない(それに正直に言ってどこがいいのやらさっぱり解らない)のだが、以前見た「次郎長三国志 第2部」(マキノ・東宝)のラストと同じ趣向であるのに気付いた。富士山&茶摘娘&「男は次郎長~チャッキリチャッキリ云々」の変な歌、という三点セットがそれだが、これは次郎長もののセオリーなのかな?
ついでに言えば「次郎長三国志 第2部」の堺左千夫と「續清水港」の志村喬の描写も相似だ。これも浪花節の常套か?

そういえば例の「寿司食いねえ」の辺りで、廣澤虎造にあわせて唸ってる客がいた。今でも好きな人は居るんだな、と思った。
※名画座通いはこの年がピークだったと思う。
※「大学の山賊たち」はたしかニュープリントが出来ましたな。

2011年9月の読書メーター

201109matome.jpg

2011年9月の読書メーター
読んだ本の数:61冊
読んだページ数:17011ページ
ナイス数:25ナイス

続きを読む

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。