スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年に観た映画

一昨年昨年に引き続き、今年観た映画の集計。

最近は色々あって、全然映画を観る気になれずにいた。2008、2009両年は3桁を観た私だが、2010年は60本台と約半減し、ついに今年は29本止まりであった。

月毎の本数は、以下のごとし。

1月 4本     2月 2本     3月 4本     4月 4本
5月 2本     6月 5本     7月 4本     8月 1本
9月 0本     10月 1本    11月 2本    12月 0本


劇場別は以下のごとし。

ラピュタ阿佐ヶ谷 6
神保町シアター 5
フィルムセンター 3
早稲田松竹 3
シネマヴェーラ渋谷 2
新文芸坐 2
キネカ大森 2
UPLINK X 2
ポレポレ東中野 1
シアター・イメージフォーラム 1
新宿ピカデリー 1
ユナイテッドシネマとしまえん 1


観た映画の質も今年は振るわなかった。とりあえず鑑賞する機会が得られて嬉しかった作品等を5本ほど選ぶと、以下のような感じになるだろうか。順番は観た順。
・「吾輩ハ猫デアル」(1936/PCL/山本嘉次郎)
漱石の言わずと知れた同名小説最初の映画化。徳川夢声の迷亭役が玄人筋には名高い作品。ラピュタ阿佐ヶ谷の夢声特集にて。
・「三本指の男」(1947/東横/松田定次)
横溝正史「本陣殺人事件」最初の映画化。有名なトリックをなかなかうまく映像化していることに感心。千恵蔵の一人二役は誰がどう見てもバレバレ(とここに書いてもネタバラシには当たらないくらい)だったりするが、そんなのも含めて魅力的なのはやっぱり千恵蔵が役者だからか。終戦直後ならではのとってつけたような封建制disも痺れる。
・「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008/スウェーデン/トーマス・アルフレッドソン)
早稲田松竹にて。目当ての映画(下記)の添え物だったのだが、本命作品との相乗効果で思いがけず良かったので。スウェーデンのホラー。原作も翻訳されているようだ。
・「闇の列車、光の旅」(2009/米=墨/キャリー・ジョージ・フクナガ)
ホンジュラスからUSAへ不法入国を目指す少女が道中のメキシコでストリート・ギャングの少年と出会い云々、という話。スウェーデンの冬とは対極すぎる猥雑で暑苦しい世界だが、少年少女を取り巻く鬱屈・圧迫と血みどろは一緒。これはなかなかいい二本立て企画だった。
・「姿なき目撃者」(1955/東宝/日高繁明)
渡辺啓助「浴室殺人事件」の映画化。個人的に愛好する作家・渡辺啓助の唯一の映画化。今年死んだ山内賢の子役としてのデビュー作でもある。そんなに面白い映画でもないんだが、へえ昔はこんな風呂があったのか、と。

まあざっとこんなかんじ。


そういえば、チェコにいる一ヶ月の間、大学の講堂でニ三本映画を観た。記憶にあるのは、先日死去したヴァーツラフ・ハヴェル原作の新作「Odcházení」と、確かフィルムセンター恒例のEU特集でも掛かった「Nuda v Brně (ブルノの退屈)」。
前者は語彙が難しく内容がよく判らなかったが、民主主義のリーダーに祀り上げられた自身の立場をシニカルに戯画化した感じのちょっとグロテスクな不条理劇だったのではないだろうか勘違いかもしれんが
後者はもっとわかりやすいコメディ。だが後日日本語のサイトで情報を得るまで、主人公が知的障害者という設定だったのに気づかなかった。ただの童貞こじらせた毒男かとばかり…。
スポンサーサイト

千駄ヶ谷町マンホールのどら焼き

以前の記事で千駄ヶ谷町のマンホールを取り上げたが、これをお読みになった地元の千駄ヶ谷大通り商店街の方から、思いがけない贈り物を頂いた。

   DSCF4243.jpg
   DSCF4244.jpg
(どら焼き表面の柄を撮るのって難しい。大差ないが、色調違いの二枚を掲載してみた)

商店街のイベントの際に、300個限定で製作販売なさったそうである。「センホール焼き」という名前だそうだ。
結構もとの蓋からの再現度が高いので驚くとともに昂奮した。すばらしい。

筆者に連絡をくださった商店街役員のOさんによれば、この蓋の存在は町会や商店街で数年前から話題になっていたそうだ。
昨今骨董蓋が次々に失われつつあるなかで、かんじんの地元の方に注目されていることは大切だと思う。80年ものの蓋なので近い将来交換せざるを得ないかもしれないが、貴重な旧千駄ヶ谷町時代の遺産としてどうか保存されてほしいものである。

なお、千駄ヶ谷大通り商店街とはここ↓を横切っている通り周辺のようだ。千駄ヶ谷駅方面からこの蓋を見に行くときにはここを通るとわかりやすい。地図の左下端に竹田医院という病院が表示されていると思う(閲覧環境によって違うかもしれないが)が、肝心の蓋はこのあたりにある。

大きな地図で見る

マンホール(114):工業用水道の消火栓

泥吐室」「連絡制水弁etc.」に続く工業用水の蓋である。

mh114-1工水消火栓_日暮里
日暮里にて発見。

mh114-2工水消火栓
記念すべき第一回マンホールナイトのあと、朝帰りの途上で発見。北区内だったと思う。


工業用水道の配水管から水を取り出しているのだろうが、他に一般消火栓との違いはあるのだろうか?
確か消火栓の設置は水道法に定められた義務だったと思うが、工水にも一緒くたに適用されるものなのだろうか?
今度調べてみよう。

マンホール(113):東京市(都?)の消火用吸水孔

現在は暗渠となっている渋谷川の八千代橋の上に、東京府の設置した「消火用吸水孔」なる蓋が2枚残っていることは暗渠/マンホールマニアの間ではよく知られている。
この消火用吸水孔の実態はよく分かっていない。渋谷川改修工事の記録から昭和10年ごろの設置ではないかと推測されているが、定かではない。また、そもそも開渠から水を汲むのに橋の上に孔を開ける必要があるのか(適当に水面にホースを放り込むのではいかんのか?)、あるいは蓋の下にはなにかポンプ的な設備があるのか等々、機能に関しても疑問が多い。他に設置例がないことから類推も難しく、親しまれている割に生態のわからないという、ウナギやスズメのような蓋であった。

ところが先月、善福寺川に架かる和田廣橋に東京市/都章入りの消火用吸水孔があるという発見報告が飛び込んできた。早速(でもないが)、用事のついでに調査に行ってきた。

mh113-1 都消火用吸水孔
まずは問題の橋を脇から見てみる。蓋はだいたい橋の真ん中にあるが、真下にはとりあえず大きな装置などは見えない。ありふれた普通の橋だ。

mh113-2都消火用吸水孔
そしてこいつが問題の蓋である。府の蓋と違い、外枠に斜め格子の地紋がない。また、内側の地紋も粗い。特に他の蓋との類似点等はない。

mh113-3都消火用吸水孔
文字の拡大。府のものとも違っている。

mh113-4都消火用吸水孔
鍵孔。覗いてみると水面の流れが直に見える(動画にしてみた⇒mh1137.swf)ので、現在蓋の下は筒抜けであることが伺われる。かつてはなにか装置があって、取り外されてこうなったのかもしれないが。

mh113-5都消火用吸水孔
橋の向こうを見てみる。中野区だ。ところで橋の真ん中のここは何区なんだろう…。

mh113-6都消火用吸水孔
今度は中野区に立って橋を見てみる。橋の親柱の下の方に「T10」と書いてあったが、これは大正10年完成の意味かもしれない。古い地図等を見比べて想定しうる設置年代が、実のところちょうどその頃なのだ。
ただ、大正10年にかけられた橋であったとしても、架橋当初から消火用吸水孔が設置されていたということはなさそうだ。大正年間には東京市外であったこの橋に、東京市章入りの蓋があるのは変だ。大正からあったなら、こちらも府の設置でなくてはおかしいことになる。
もっとも、渋谷の蓋でおなじみの府章は昭和6年だかの制定なので、大正期に設置例があったとしてもあの府章は付いていなかっただろうが(ああややこしい!! 一見さんには何言ってんだか解るまいな…)。


   ※   ※   ※   


開渠上の消火用吸水孔を実見して気づいたが、孔は大体橋の中心、すなわち川幅の真ん中辺りに開けられていた。もしかすると、流れのうちでいちばん深さのあるところから水を得ようというのが消火用吸水孔の趣旨ではなかったかと思われた。橋上や岸からやみくもにホースを放り込むよりは効率がよさそうである。

また、これらが設置されたと思われる昭和初期の東京の消防について文献を探してみた。そのものずばりの資料はなかったが、関連のありそうな規程を発見した。1930年7月に制定された「非常時火災警防規程」というものである。
これは関東大震災の失敗を踏まえたうえで、大災害、さらに来るべき空襲(日米開戦が現実味を帯びるよりかなり早くから防空の必要は喧伝されていた)に備えた防災計画を定めようとするものだった。

この規程の幾つかの項目の中には、「自然水利の整備」も含まれているようだ。
関東大震災のときには、どうやら消火栓は断水等で十分な成果を挙げられなかったのが実情であったらしい。まして空襲対策を考えるなら、配水管がやられたら末端の全消火栓が死にかねない上水道依存の防火計画ではダメだったわけである。
少しでも安定した自然水利を確保することが帝都の防衛のために求められた時代であった。確証はないが、消火用吸水孔はその一環として設置されたものだったのかもしれない。今後同様の蓋がさらに出てくれば類推も深まるかもしれない。

マンホール(112):武州ガスのマンホール

上福岡市ネタが続いていた。旧福岡町らしい蓋を紹介して締めたつもりだったが、もうひとつガスのネタがあるのを忘れていた。なお電気・電話関係は都内と一緒なので特に何もない。

東京ガスのような大手の圏内ど真ん中に住んでいると案外気付かないが、都市ガス会社というのは結構たくさんあるものらしい。埼玉県ガス協会の会員一覧によると、埼玉県内では18社が都市ガス事業を展開しているようだ。東京ガス、東彩ガスに続く三番手が、ここに紹介する武州ガスである。

上記サイトによれば、武州ガスのエリアは川越市、ふじみ野市、狭山市、所沢市、鶴ヶ島市、日高市、吉見町、川島町、毛呂山町、飯能市の全体あるいはそれぞれ一部ということらしい。

mh112-1武州ガス大
「武州ガス」 消火栓丸蓋くらいの大きさ。

mh112-2武州ガスK
「武州ガス(K)」。

mh112-3武州ガスT
「武州ガス(T)」。

mh112-4武州ガスK小
「武州ガス (K)」 小蓋。


プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
11 | 2011/12 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。