スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(172):荏原郡目黒町水道の蓋

西巣鴨町下水の蓋と同様、先月林丈二氏より所在情報を頂いた蓋である。
「数年前に行ったらまだあった」というお話で、現存するかどうかは運次第という感じであったが、蓋集会の翌日早速現地に赴いた次第である。

   ※   ※   ※   

今回取り上げるのは、荏原郡・目黒町水道の消火栓の蓋だ。まずは例によって目黒町水道の沿革を。以下にページ番号を示した参考文献は「隣接五郡に於ける上水道に関する調査」(東京市、1932)。GoogleBooksで全文を無料で読むことができる。

目黒町が水道事業を営むに至った経緯は、東京市郊外町村の他の事例と殆んど同じ。住宅地の拡大と人口爆発によって井戸の水量水質が低下したことが発端だ。
折しも大正11年、隣町である渋谷町が水道起工を決めたことを受け、目黒町は渋谷町に一部地域への給水を打診する。渋谷町はこれを受諾し、一旦は目黒川以東の目黒町域でも渋谷町が水道設備を敷設営業する方針がまとまりかけたが、「独立しているべき自治体が隣町に水道の敷設経営を丸投げってどうなのよ」と監督官庁(内務省だろうか)から突っ込まれ、かたや目黒川以西でも玉川水道に給水を要請する動きも生じた。
結果、計画は一旦白紙化し、水道事業についての根本的な調査を大正13年4月より行うことになり、同年8月改めて渋谷町水道からの給水を軸とした計画を内務省に申請する。
翌14年4月内務大臣認可が下り、同年6月27日起工式が行われた。同年一部で給水が始まり、翌15年6月に創設工事が完成した(一部資料は竣工を4月としており、林丈二「マンホールのふた」でも15年4月を給水開始としている)。創設時の最大給水人口は4万人、目黒川沿岸を中心とした地域に総延長39123メートルが敷設された(pp.18,110-112)。

この後も第1期拡張工事(昭和7年度~9年度)が計画されたが、認可を待たずして目黒町は東京市に合併され、水道事業も東京市水道局の営むところとなった。
昭和7年3月時点の設備は、総延長は56559メートル、消火栓264個、制水エン148個(p.152)。独自の水源・井戸は結局持たなかったので、水源地は駒沢給水塔ということになる。

   ※   ※   ※   

さて、探訪記をはじめよう。林先生にうかがった所在地は林試の森公園のどこか。この公園は東半分あまりが目黒区下目黒、西半分が品川区小山台に分かれているので、とりあえず東門から入って探してみる。旧林業試験場の建物があったあたりが怪しいので、そこらへんを重点的に探す心づもりである。

mh172目黒町 (1)
門の傍に来るなりネコがお出迎え。来園者の前に立ちはだかって撫でるよう要求するふてぶてしいやつである。

mh172目黒町 (6) mh172目黒町 (5)
公園の中央を横切るメインストリートを150メートルばかり行くと、あっさり見つかった。

mh172目黒町 (3) mh172目黒町 (4)
一応舗装のさなかにあるのだが、両脇が土の広場であるから全体的に砂を被っている。
これは「マンホールのふた」に掲載された消火栓蓋とは異なっている。同書キャプションにある「『消火栓』の文字がずっと小さいもの」の実物がこれなのだろう。またこの地紋は、一説では甲府市で採用されたのを初めとして北と東に普及したものらしく、現在では長野県でポピュラーなものとなっている長野県内に使用例が多い。その大多数は昭和初期までの設置と思われる。
【コメントを参考に斜体部のごとく訂正】


mh172目黒町 (7) mh172目黒町 (2) mh172目黒町 (9)
文字と紋章部を拡大。紋章部は特に見づらくなっているが、一番右のちくわぶみたいな現目黒区章と似ているのがわかるだろうか。


mh172目黒町 (8)
なお、この公園はそこら中にネコが。
スポンサーサイト

マンホール(171):東京都下水道丸蓋の珍品・紋章突出蓋

最近わけあって貨幣のエラー品について調べていた。その影響で、エラーコインの通称めいた題名をつけてみた。


   ※   ※   ※   


マンホールは大量生産が可能な鋳鉄製品であるが、大規模な敷設工事でも行われない限り大きな需要が一斉に起こることは少ない。
したがって在庫保有数はそれほど大きいものではないはずで、発注もそれなりにこまめなものであるだろう。
路上で一般に見られる蓋のあいだの微細な違いは、その辺に起因するものと思われる。

ところで話は飛ぶが、昔の郵便切手には版の微小なキズ等に由来する慢性的反復的なヴァリエーションがあって、マニアの間で「定常変種」として知られていたが、そんな感じのものが鉄蓋にもある。
代表的なものが「萌え点」(命名者のブログ参照)で、これはメーカーが多様と思われる止水栓等の小蓋でよく見られる現象だ。

一方で丸蓋の場合は、鋳造メーカーが寡占状態であり規格が小蓋より一般に厳密な傾向にあるためか、萌え点のようなエラーめいた蓋を見かけることはあまりない。各社の採用する地紋の差が現れてくる程度のことが大半だ。


   ※   ※   ※   


例のごとく前置きが長くなった。今回紹介するのは、珍しい丸蓋のエラー物件。

mh171下水くん突出 (1)  mh171下水くん突出 (2)
何がおかしいのかお分かりだろうか? ミソは外周部の凸部と紋章部の凹部が同じ高さで、しめて3段階になっていることだ。

mh171-3.jpg
これが普通の蓋。外周部の凸部(凹部)と紋章部の凸部(凹部)の高さが一緒の2段階になっている。
砂型を作る際に紋章部の押し付けが強すぎたのだろうか。探せば同時に鋳造された兄弟が見つかるかもしれない。

2012年12月の読書メーター

201212matome.jpg



2012年12月の読書メーター
読んだ本の数:38冊
読んだページ数:11318ページ
ナイス数:14ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/28277/matome?invite_id=28277



続きを読む

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。