マンホール(238):豊島区雑司が谷にある東京府の雨水枡蓋

東京府の蓋はこれまで人孔鉄蓋コンクリ製人孔蓋消火用吸水孔・そして雨水枡蓋を紹介してきた。
東京府というのはそれほど仕様書が固まっていなかったのか、23区外側の旧郡部を中心にさまざまな蓋が残っている(詳細は路上文化遺産データベース:東京府のページ参照)。

で、今回紹介するこの蓋。雨水桝蓋なのだが…。
mh238東京府雑司ケ谷 (1) mh238東京府雑司ケ谷 (2) mh238東京府雑司ケ谷 (3)
上掲のデータベースにはこれまで報告のなかった、シンプルながら新発見の様式であった。
所在地はちょっと微妙。護国寺墓地の下で、首都高池袋線の下の歩道になるのだが、ここは文京区大塚なのか豊島区雑司が谷なのか。グーグルマップに従えば、どうやら豊島区雑司が谷1丁目52になるようだ。
もし大塚であったなら、はじめての旧東京市15区内での発見となったのだが。

この蓋、事前情報無しで発見したのだが、知人の探蓋師が二日前にちょうど見つけていたばかりだったことが発覚。これは別に純然たるシンクロニシティではなく、実はふたりとも同じ目的でこの道を通りかかっただけである。
スポンサーサイト

マンホール(237):千代田区内幸町にある荒玉水道角蓋

これはマンホール愛好家界隈にはよく知られた蓋なのであるが、いままで掲載したことがなかったので記事にする。

mh237荒玉特大 (1) mh237荒玉特大 (2)
荒玉水道制水弁である。

mh237荒玉特大 (3)
文字部分。

この蓋は日比谷公園向かい、NTT日比谷ビル(1961竣工)の側、たぶん敷地内にあるようだ。
さて、この場所は現在の千代田区内幸町、旧町名では麹町区内山下町であって、当然ながら旧郡部で展開された荒玉水道の管路網とはまるで関係のない越境蓋である。
古い地図を見ると、隣の第一勧業銀行/みずほ銀行は載っているものの、ピンポイントで当地に何があったのかははっきりしない。
昭和29年の地図には大和生命があったように描かれていた。これを手がかりに遡っていくと、同社前身の日本徴兵保険や華族会館がどうやらあった模様だ。さらに遡ると、もしかすると鹿鳴館の敷地にも含まれていたかもしれないようだが、いかんせん境界のはっきりしない話ではあるし、さすがに荒玉蓋の由来来歴とも関係ない話であろう。
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク