スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(240):東京市電気局の丸蓋

長らく記事を書いていなかった。これではいかんと適当に未掲載の画像を拾ってきて載せる次第。
とはいえ世間のマンホール界では既知のものばかりで特段の新発見はない。

mh240denkikyoku (1) mh240denkikyoku (3)
たいへん磨耗していて字がよくわからないのだが、「マンホールのふた 日本篇」p.70.に掲載された「市電燈」のものと同種と思われる。そう思ってみると一文字目は「市」にみえる。
東京市電気局は、市電の運行の他、昭和17年の戦時統合までのあいだ一般への電力供給をも行っていた。そのための電線路であろうと思う。
これは三田警察署附近でみつけたものだが、札の辻交差点・浅草通り・六本木等にも「市電燈」は篇損している模様だ。

mh240交通局境界石
東京市電気局は、都章の6本足が折れ曲がった形の自前の紋章を持っていた。これは実は現在の東京都交通局にも受け継がれているようで、都電荒川線周辺などでたまに見かけることがある。
この境界石はどちらのものだか判然としないが、古ければ市電気局まで遡るものである。
スポンサーサイト
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2016/10 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。