マンホール(9):東京帝国大学・補足

マンホール(1)に追加。

まず1枚目。前回は載せなかった、「マンホールのふた―写真集 (日本篇)」83ページと同じ蓋。但し、それぞれの文字の大きさが同書のものよりやや小さい。
この蓋に関して、「東京帝国大学」となる以前の「帝国大学」時代(明治19~30年)のものとする説があるが、それではいくらなんでも古すぎるだろう。
最初の近代的下水道である神田下水の工事が資金難で停まったのが明治19年、東京市が再度下水道改良事業に着手するのが明治44年である。要は東京下水史の空白期間と帝国大学時代は重なるわけであり、いくら帝大といっても独自の下水道を備えていたとは思えない。
そもそも、現在の建物の配置が決まったのは関東大震災後のはずである。帝国大学時代に下水道ができていたとしても、その配置は今マンホールがある位置とは異なるはずだ。
「帝大下水マンホール明治起源説」はおそらく否定して良いだろう。
mh9-1.jpg

2枚目は前回の「東京帝国大学 暗渠」とおおよそ同じであるが、「東京帝国大學」の文字の向きが異なる。また「暗渠」の字体も異なるように見える。
mh9-2.jpg

3枚目は下水道のものではない。、「マンホールのふた―写真集 (日本篇)」の巻頭カラー写真にあるものに似た電気関係の蓋である。
これは一見本の写真と同じであるが、電の字が逆向きになっている。つまり、本では「東」と「電」が同じ向きだが、この画像では「国」と「電」が同じ向きである。
mh9-3.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク