マンホール(74):営団地下鉄・東京メトロの蓋

今回は東京メトロの前身・営団地下鉄(帝都高速度交通営団)が(1953~)1960~2004年の間使用していたSマークの入った蓋などを紹介してみる。
これはその名の通りアルファベットの「S」の図案化であり、営団の経営理念、4S(すなわちSafety; Security; Speed; Service)を意味するものだという。そんなに数が揃っているわけではないのだが、追い追い追加するとして記事にした。

mh74-1.jpg
御茶ノ水から本郷方面に歩く途上、順天堂大学の傍で撮影。植え込みなどに割とよくある。

mh74-2.jpg
これはなぜか東大浅野キャンパスの中にあった。どうみてもSマーク。代用品が定着したのか?

mh74-3.jpg
皇居近くのオフィス街の植え込みにも埋もれるように存在。


そういえば、まだメトロのM字マーク入りの蓋を見たことがないような。副都心線あたりの新駅を中心に探せばあるのかもしれない。



追記 2011/03/09
文末に触れたメトロの蓋についてコメントを頂いていたが、先日ついに撮ってきたので掲載。
mh74-4東京メトロ  mh74-5東京メトロ紋章部


追記 2011/09/02
mh74-6.jpg mh74-7.jpg
方南町駅の地下通路で見つけた蓋。暗いところにあってうまく撮れなかったので、色調違いの二枚を両方載せてみる。◯と×を組み合わせた地紋は下水道局の自働洗滌槽・特殊人孔蓋のものと似ている。

mh74-8(帝都高速度交通営団_神宮前 mh74-9(帝都高速度交通営団_神宮前_中央
帝都高速度交通営団」と長々書かれた蓋。外苑前駅付近で発見。地紋は、「マンホールのふた」によると昔電気関係でよく使われていた仕様。

珍しいのでストリートビューを載せてみよう。

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

浅野地区にはSマークのハンドホールもあります。なぜなんでしょうね…。
Mのマンホールは、近くでは丸の内線お茶の水駅のところの郵便局から秋葉原方向へ20~30メートル行ったところにあります。

@tss

tssさんのサイトの丸蓋と今回私が載せたものは多分同じものでしょうね(9年のうちに周囲のコンクリは劣化したようですが)。
角型まであるとは知りませんでした。二つもあるなら、紛れ込んだのとは違うのかもしれません。
近くに千代田線はあるものの、設備用地を貸したりするほど近いとも思われず…。あるいは非常用の電力でも融通しているとか?

Mマークの蓋、御茶ノ水にありましたか。すぐそばまでは何度も歩いているのですが、不覚。
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク