マンホール(75):千住町の下水人孔蓋

昨日のこと。都庁で紙の下水道台帳図を閲覧してきた方から「千住中居町には古い蓋がある可能性あり」との情報を得た私は、駄目元でgoogleストリートビューで界隈を探してみようと思い立った。
探すことわずか二分でめぐり合った蓋がこれである。
http://bit.ly/fKPsP0
断定できるほど鮮明には写っていないものの、千住町の紋章にみえる。また、都内では割と珍しい名古屋市型の蓋である点なども林丈二「マンホールのふた」所収の写真と一致していることから、ほぼ間違いなく千住町の蓋であると思われた。

そこで早速翌日すなわち今日、アカデミックニートならではの暇を利用して実地検分に出向いた次第である。
折角なので千住中居町に関してはすべての公道を見て歩くことにした。

早速「千住警察署入口」交差点の方から問題の路地に入っていくと程なくしてストリートビューとは別の蓋がみえてきた。遠目にも名古屋市型と判る。これはもしかしてと思い近づくと、間違いなく千住町の蓋であった。
mh75-3.jpg  mh75-1.jpg 

これと同じものが合計3枚現存していた。
紋章の拡大。外側に三つあるイカの頭みたいなのが千住の「千」の字の図案化らしい。
mh75-2.jpg

なお、路地突き当たりにあるものは上の蓋よりも一回り大きなものであった。こちらは鍵穴以外穴は空いていない。
mh75-4.jpg

それから、以下に掲げるような無銘の角蓋を町内で4枚ほど確認した。写真の一枚を除きみな民家の敷地内ギリギリにあり、もしかすると家庭用汚水桝の類ではないかと思う。
mh75-5.jpg



より大きな地図で 千住町下水道 マンホール を表示



因みに、千住町とその下水道の沿革は以下の通り。
1889(明治22)年の近代市町村制発足に際し、南足立郡千住町となる。
下水道の設置は郊外町村のうちでも最初期で、大正10年からはじまっている。
1932(昭和7)年の大東京市発足に際し市に編入され、他の2町7村とともに足立区となる。
千住町としての下水道工事は編入の同年まで行われている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク