マンホール(78):東京市下水道局の変種?

東京市/東京都下水道局の紋章については以前の記事でも触れたが、昭和42~44年あたりを過渡期として以下のように変化してきた。

mh32-2.jpg
    
mh78-3.jpg

この様式は、東京23区+αの広い範囲に膨大な数が設置されたものであるが、紋章等のディテールに上水道系の蓋で見られるようなばらつきは見られず、概ね規格通り均一に鋳造されている。当局による鋳型の監督管理が行き届いていたようだ。

今回見つけたものは、珍しく紋章の造形が狂っているものである。
発見した場所は千石1丁目の燈孔のある路地の入口。

mh78-1.jpg  mh78-2.jpg
紋章の足の短さは戦前仕様と同じ感じだが、太さはのちの仕様と同じ具合。
ここの下水管はレンガ造りの相当に古い代物であり、また燈孔やら汚水枡やらといった戦前の様式の蓋が他にも複数見受けられる。戦前の様式が確立する前のヴァリエーションではあるまいか、とも推測するがどうであろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク