マンホール(97):東京都建設局(河川部)の蓋

色々なことがあって途絶え気味だったマンホール記事だが、そろそろ平常運営としたい。
そこで、リハビリのつもりで小ネタ。

mh97-1(東京都建設局河川部)  mh97-2(河川部拡大)

多分東京都建設局河川部が設置した蓋で合っていると思う。
雨に濡れている辺り、「河川」の文字と平仄が合っているじゃありませんか。


余談だが、私は上に掲げたような濡れた蓋や砂埃にまみれた蓋、落ち葉をかぶった蓋をそのままの状態で撮影することに抵抗がない。それが路上にあるものの自然体であると思うからである。
確かに意匠に工夫が凝らされ色までついた今風の蓋は、汚れや異物の付着しない「万全の状態」での鑑賞が求められるだろう。しかし、私が特に愛好する無骨な単なる鋳鉄の塊でしかない実用本位の蓋たちに対しては、あくまでも路上にあるがままの容貌を映しとることが肝心だと思うのだ。彼らはヨゼフ・チャペックの云うところの「きわめて素朴な藝術」の典型であると思うので。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク