チェコ・プラハのマンホール

ひと月以上の長い期間にわたって新しい記事を投稿していなかったのはべつにさぼっていたとかいうわけではない。チェコのブルノという街に行っていたのである。
チェコでは毎夏、プラハ・ブルノ・オロモウツなどのいくつかの街の大学で一ヶ月間のサマースクール(短期の語学留学プログラム)をやっている。某機関が参加費用の約1200ユーロをお恵みくださったので、ちょっとブルノのマサリク大学というところで勉強していたのだ。週に5日、朝カタギな時間に起きて登校、なんてのは小1~大学1年以来の久々の経験だったが、毎日ぜんぜん疲れが抜けず体力の衰えを感じた。トシだな。
広島より西に行くのは生まれて初めての経験であった。なお、行ったことのある最東端は納沙布岬、最北端は宗谷岬である。すなわち、出国自体が初めてというわけだ(今時四半世紀も生きていて海外経験のない人間も珍しいとよく言われるが、私ら亜寒帯生まれの田舎者はそんなもんですよ)。
初めての海外でチェコに独りで一ヶ月というのは、出かける前はものすごく無謀なことに思えたけれど、いざやってみると屁でもなかった。入出国のような手続きはすべて、拍子抜けするほどあっけなく通された(小心者の私は想定問答集まで拵えたのであるが)。
見当違いだったのは、使えると思っていた本の安い発送方法が包装の仕様上(しっかりした箱に詰めねばならなかったのだが、丁度いいものがすぐに手に入らなかった)受け付けてもらえず、止むなく通常の船便を使わざるを得なかったことと、帰りのヘルシンキ-成田便が機材のトラブルで3時間近く遅れたことくらいだ。
前者はじっくり探せば適当な箱を見つけられたかもしれないが、貴重な滞在期間をそんなことに費やすのもなんだか馬鹿馬鹿しくなり [誰か「ブルノはどうでしたか?」私「箱探しに明け暮れました」――なんて馬鹿みたいじゃないか] 、勢いで所期の方法の4倍近い送料を払ってしまったのであった。後者についてはトラブルの内にも入らないと隣席の旅慣れた感じの方は言っていた。
旅行記的なものは(面倒だし柄に合わないので)これ以上続けないが、とりあえずチェコで見つけたマンホールについてはまとめておきたいと思う。
…というわけで、まずは最初に二泊したプラハ編である。

ざっと歩いてみた感じでは、プラハの市中の蓋は汎用品が多いようだった。土地の銘や紋章が入った蓋もたくさんあるけれど、割合としてはそんなに多くない。とりあえず下水蓋からはじめよう。

22日マンホール (1) 22日マンホール (2) 22日マンホール (3)
prazska kanalizace「プラハ市下水」の銘入り。下水のことをチェコ語でkanalizaceというのか。英語のcanal、漢語の渠に通じる表現のようである。

22日マンホール (14)
雨水枡蓋。これは普通。

22日マンホール (9) 22日マンホール (10) 22日マンホール (11)
下水作業風景である。旧市街の観光地のど真ん中で、東京でもそんなに見たことのない蓋を開けての作業に遭遇。車体の文字によると上水vodovodyと下水は同じ団体がやっているようだ。

22日マンホール (12) 22日マンホール (13) 22日マンホール (15)
カレル橋を渡りマラー・ストラナに入ると、そこには1912銘入りのマンホールが! 摩滅が激しく読みにくいが1908年ものも発見。

22日マンホール(5.5)
続いてvodovod=上水道。制水弁的なものだろうか。以前twitterでスロヴァキア在住の方に見せてもらった蓋に似ているような。同じものかもしれない。この蓋は後述のブルノにもたくさんあった。

22日マンホール (4)
plyn=ガスの汎用蓋。上水蓋とガス蓋のデザインが似ているというのは、日本ではあまりないことだ。社会主義で、もともと同じ一つの公営企業に拠っていたことと関係するのかも。

22日マンホール (8)
plyn vod-ka なんだそれ? ハイフン無かったらヤバイな。

22日マンホール (6)  22日マンホール (7)
prazska plynarenska プラハ市ガス。これは今風だ。

22日マンホール(17)
通信系の蓋。Spt telecom nosnost 3t とある。

22日マンホール (5)
kzとある。謎蓋。

DSCF3454.jpg
プラハ中央駅ホームのマンホール? だかなんだかいまいちわからないもの。たぶん蓋。でも違うかも。煮え切らない私。
 一旦切ろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク