マンホール(105):埼玉県上福岡市の下水道マンホール

年に一、二回東武東上線上福岡駅の界隈に用事があって行く。
今年の9月のはじめに行ったとき、若干の時間があったので小一時間駅周辺で蓋を探しまわってきた。

この界隈は2005年10月までは上福岡市といった。隣接する大井町と合併し、いまではふじみ野市となっている。
隣には富士見市があって紛らわしい事この上ない。なんとかならなかったのか…というのはさておき。
合併があったというならば、マンホールマニア的には新旧両自治体の蓋を探さねばならぬのは道理である。

というわけで、まずは数量において勝る旧・上福岡市の下水蓋からいこう。
筆者好みの地味な蓋から載せていく。自ずと時代順になる気がする。

mh105-1上福下水東京市型
東京市型の地紋に市章。市章は「11」に見えるが、「フク」であるらしい。正しい角度がよく分からない。

mh105-3上福下水雨水東京市型
今度は東京市型に市章と「雨水」の文字。どうやら、これが市章の正しい角度だろうか。

mh105-4上福下水雨水地紋
幾何学地紋(テトラポット文様)に市章と「雨水」。

mh105-5上福下水絵無着色  mh105-2上福下水枡
ついにデザイン蓋が登場。「かみふくおか おすい」の文字入りだ。右は違いがわかりにくいが、左の人孔蓋より小ぶりの汚水枡。

色つきの蓋もあるのではないかと思って商店街を往くと、こんなのが見つかった。
mh105-6上福下水2色
普通のエポキシ樹脂による着色ではない。なんだかよくわからない煮え切らない着色。こんなのしかないのかなあ、と思っていたら、大通りの交差点に一枚着色蓋をみつけた。

mh105-7上福下水カラー
あまり点数はないようだ。デザインが、上記二枚の絵蓋とは違っているのが面白い。

…というわけで、現在のふじみ野市編に続く。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク