スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月の読書メーター

201201matome.jpg


1月の読書メーター
読んだ本の数:61冊
読んだページ数:19293ページ
ナイス数:30ナイス

完全なる首長竜の日完全なる首長竜の日
読了日:01月01日 著者:乾 緑郎
あがり (創元日本SF叢書)あがり (創元日本SF叢書)
読了日:01月01日 著者:松崎 有理
東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)東京から考える―格差・郊外・ナショナリズム (NHKブックス)
読了日:01月02日 著者:東 浩紀,北田 暁大
時の密室 (講談社文庫)時の密室 (講談社文庫)
読了日:01月03日 著者:芦辺 拓
ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
読了日:01月03日 著者:海堂 尊
ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
読了日:01月04日 著者:海堂 尊
飛行船の上のシンセサイザー弾き (ハヤカワ文庫 JA (210))飛行船の上のシンセサイザー弾き (ハヤカワ文庫 JA (210))
読了日:01月04日 著者:難波 弘之
東京オブジェ―人と歴史をさがしに (ちくま文庫)東京オブジェ―人と歴史をさがしに (ちくま文庫)
読了日:01月04日 著者:大川 渉
ロートケプシェン、こっちにおいでロートケプシェン、こっちにおいで
読了日:01月05日 著者:相沢 沙呼
2012本格ミステリ・ベスト102012本格ミステリ・ベスト10
読了日:01月05日 著者:
グランド・フィナーレ (講談社文庫)グランド・フィナーレ (講談社文庫)
読了日:01月06日 著者:阿部 和重
木製の王子 (講談社ノベルス)木製の王子 (講談社ノベルス)
読了日:01月06日 著者:麻耶 雄嵩
「たま」の本「たま」の本
一般のタレントものの本とは一線を画す。なにしろ竹中労だもんな。
読了日:01月07日 著者:竹中 労
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
ミステリ界隈で結構評判だったので読んでみた。まさか青木文庫の出てくるラノベがこの宇宙にあるとは思わなんだ。
読了日:01月07日 著者:三上 延
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
うちにあるUTOPIAも二千円で買った。ただのFFランドだが(復刻版に買い換えるか、大全集版を待つか検討中)。
読了日:01月07日 著者:三上 延
NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)NOVA 4---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)
読了日:01月09日 著者:
スイス時計の謎 (講談社ノベルス)スイス時計の謎 (講談社ノベルス)
読了日:01月10日 著者:有栖川 有栖
吾輩は猫である (岩波文庫)吾輩は猫である (岩波文庫)
初めのほうでグレイの詩への言及があるのはラストへの伏線だったのか(そういえばグレイの詩の方ではシェイクスピアを引いていたな)。
読了日:01月11日 著者:夏目 漱石
烏丸ルヴォワール (講談社BOX)烏丸ルヴォワール (講談社BOX)
読了日:01月12日 著者:円居 挽
銀河鉄道999 (1) (小学館叢書)銀河鉄道999 (1) (小学館叢書)
よく考えたらきわめて異様な設定・世界観を第一話の冒頭十数ページで一気に突きつけて、勢いで読者に呑み込ませてしまう技倆がものすごい。
読了日:01月12日 著者:松本 零士
銀河鉄道999 (2) (小学館叢書)銀河鉄道999 (2) (小学館叢書)
読了日:01月12日 著者:松本 零士
新編 古本屋の手帖 (平凡社ライブラリー)新編 古本屋の手帖 (平凡社ライブラリー)
高橋邦太郎のことが思いがけず載っていた
読了日:01月12日 著者:八木 福次郎
年賀状の戦後史 (角川oneテーマ21)年賀状の戦後史 (角川oneテーマ21)
年賀郵便制度がなかなか定着・確立されない様子が興味深い。恒例の事業となるまでにも曲折があったようで。
読了日:01月13日 著者:内藤 陽介
銀河鉄道999 (3) (小学館叢書)銀河鉄道999 (3) (小学館叢書)
読了日:01月13日 著者:松本 零士
銀河鉄道999 (4) (小学館叢書)銀河鉄道999 (4) (小学館叢書)
読了日:01月13日 著者:松本 零士
銀河鉄道999 (5) (小学館叢書)銀河鉄道999 (5) (小学館叢書)
読了日:01月13日 著者:松本 零士
森見登美彦の京都ぐるぐる案内森見登美彦の京都ぐるぐる案内
読了日:01月13日 著者:森見 登美彦
銀河鉄道999 (6) (小学館叢書)銀河鉄道999 (6) (小学館叢書)
読了日:01月13日 著者:松本 零士
お楽しみはこれもなのじゃ―漫画の名セリフ (河出文庫)お楽しみはこれもなのじゃ―漫画の名セリフ (河出文庫)
読了日:01月14日 著者:みなもと 太郎
銀河鉄道999 (7) (小学館叢書)銀河鉄道999 (7) (小学館叢書)
ラストに向けて伏線回収にとりかかっている感じ。あと三巻。
読了日:01月14日 著者:松本 零士
3.11大震災 大学には何ができるのか3.11大震災 大学には何ができるのか
大正大という仏教系の私大の3.11に関連した実践が主な題材で、この事態に関する大学全般にまたがる示唆が得られるものではない。アカデミーと云うよりはむしろ宗教系団体が、学問者と云うよりはむしろモラトリアム中の若者が何を出来るかという話が主で、正直言ってタイトルから期待したものは得られず。内容はもっと精選したほうが良かったと思う。キモオタがどうこうの作文なんていたたまれなくて溜息なしには読めない。
読了日:01月14日 著者:
コリアン部落コリアン部落
てっきり日本国内の在日部落の本かと思って借りたが違って、副題にあるように韓国の白丁の本だった。穢れ意識に差があり、なおかつ清/聖なる権威が余り確立されなかったかの国と日本とでは、だいぶ状況は異なるようだ。
読了日:01月14日 著者:上原 善広
被差別の食卓 (新潮新書)被差別の食卓 (新潮新書)
あれ、この本読んでたか。忘れてた。内容自体は結構覚えていたが、この本で読んだのだったか。
読了日:01月15日 著者:上原 善広
私たちが星座を盗んだ理由 (講談社ノベルス)私たちが星座を盗んだ理由 (講談社ノベルス)
ネットでググらなければなかなかわからないフィニッシングストロークとか、時代も変わったものだ。
読了日:01月15日 著者:北山 猛邦
漫画の時間 (新潮OH!文庫)漫画の時間 (新潮OH!文庫)
読了日:01月15日 著者:いしかわ じゅん
寒灯寒灯
ひでえやつだ。「根が~~にできてる」シリーズを抜書きして全部まとめたら面白そうだ。
読了日:01月15日 著者:西村 賢太
刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)
平塚八兵衛に限らず、昔は刑事の名前が結構報道等にも出ていたらしい。戦前まで遡ると、刑事が探偵の肩書きで報道されるようなケースもあったようだ(だから民間に「私立」探偵とわざわざ付けたわけだ)。いつ頃からいまのようになったのか。昨今は浪漫がない。
読了日:01月16日 著者:佐々木 嘉信
巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
初読は単行本
読了日:01月18日 著者:京極 夏彦
揺れ動く貴族社会 (全集 日本の歴史 4)揺れ動く貴族社会 (全集 日本の歴史 4)
読了日:01月19日 著者:川尻 秋生
群衆リドル Yの悲劇’93群衆リドル Yの悲劇’93
読了日:01月20日 著者:古野 まほろ
映画館(ミニシアター)のつくり方映画館(ミニシアター)のつくり方
読了日:01月21日 著者:映画芸術編集部
宇宙喜劇M774 (アスペクトコミックス)宇宙喜劇M774 (アスペクトコミックス)
読了日:01月21日 著者:ほり のぶゆき
日本怪奇幻想紀行〈3之巻〉幽霊・怨霊怪譚日本怪奇幻想紀行〈3之巻〉幽霊・怨霊怪譚
読了日:01月22日 著者:
銀河鉄道999 (8) (小学館叢書)銀河鉄道999 (8) (小学館叢書)
読了日:01月23日 著者:松本 零士
足ふみ留めて---アナレクタⅠ (アナレクタ 1)足ふみ留めて---アナレクタⅠ (アナレクタ 1)
読了日:01月24日 著者:佐々木 中
これが戦争だ!―切手で読みとく (ちくま新書)これが戦争だ!―切手で読みとく (ちくま新書)
読了日:01月24日 著者:内藤 陽介
盗聴 二・二六事件盗聴 二・二六事件
番組のほうを某動画サイトで見てから気になっていた本。その後の取材の成果で、内容の大きな修正がいくつか見られる(北一輝とされていた声が実は別人らしい、など)。また番組では精確にはわからなかった録音の実行者なども判明している。
読了日:01月25日 著者:中田 整一
生きてるものはいないのか生きてるものはいないのか
読了日:01月25日 著者:前田 司郎
銀河鉄道999 (9) (小学館叢書)銀河鉄道999 (9) (小学館叢書)
読了日:01月26日 著者:松本 零士
銀河鉄道999 (10) (小学館叢書)銀河鉄道999 (10) (小学館叢書)
車掌の体は結局…。
読了日:01月26日 著者:松本 零士
泡坂妻夫の怖い話 (新潮文庫)泡坂妻夫の怖い話 (新潮文庫)
本書で120万ページ到達。
読了日:01月26日 著者:泡坂 妻夫
外務省ハレンチ物語外務省ハレンチ物語
「アサヒ芸能」初出。まさか官能小説だったとは。
読了日:01月26日 著者:佐藤優
命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75
読了日:01月27日 著者:古野まほろ
忍法十番勝負 (秋田文庫)忍法十番勝負 (秋田文庫)
読了日:01月27日 著者:石ノ森 章太郎
うわさの遠近法 (ちくま学芸文庫)うわさの遠近法 (ちくま学芸文庫)
明治期のほうがけったいで面白い。
読了日:01月28日 著者:松山 巖
若者を見殺しにする国 (朝日文庫)若者を見殺しにする国 (朝日文庫)
親が死んだら餓死か自殺しかないというが、食い詰めたなら「羅生門」の伝で盗賊にでもなればいいのでは。「希望は戦争」というが、文官武官問わず今日の権力者が余計な混乱をひき起こす戦争に踏み切るわけがないのだから(その理由は著者が言うとおり既得権益の毀損を避けるため)、いち私人が主体となって始められる戦争≒暴動を企図するほうが建設的な気もする。公刊物だから犯罪予告的な内容になるのを避けただけかもしれないが。
読了日:01月29日 著者:赤木 智弘
東京珍景録 (新潮文庫)東京珍景録 (新潮文庫)
取材撮影の時期を全く書いていない辺り、使いものにならない。著者と云うか編集者にそのへんのセンスがない。
読了日:01月29日 著者:林 望
憧れの少年探偵団 (創元推理文庫)憧れの少年探偵団 (創元推理文庫)
読了日:01月30日 著者:秋梨 惟喬
海辺へ行く道 そしてまた、夏 (ビームコミックス)海辺へ行く道 そしてまた、夏 (ビームコミックス)
読了日:01月30日 著者:三好 銀
絶海ジェイル Kの悲劇’94絶海ジェイル Kの悲劇’94
読了日:01月30日 著者:古野まほろ
ハゲタカ(上) (講談社文庫)ハゲタカ(上) (講談社文庫)
読了日:01月31日 著者:真山 仁

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。