マンホール(118):下水道送泥管の蓋

前回の工下空気弁の記事で少し触れた送泥管について。

送泥管については、ぐぐるとすぐに出てくる(社)東京下水道設備協会サイトに設けられた子供向けのQ&Aページに詳しく書いてあるが、要するに水再生センター(下水処理場)で発生した汚泥をスラッジプラント(汚泥処理プラント)に送るためのパイプラインである。
東部スラッジプラントの汚泥から比較的高濃度のセシウムが出たという話が昨年報道されたが、それはこのように汚泥が集約されるからには当然と言えば当然のことではあった。

mh118-1都下水送泥管空気弁
これは王子本町1と2の間の通りにあるもの。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク