スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(135):千葉県長生郡白子町の下水道蓋

さて、先回までの茂原市からちょっと移動し、今回は千葉県長生郡白子町の下水道蓋である。

そもそも白子町では町域全体をカバーする下水道は未設置で、町の一部(九十九里浜に近い宿泊施設等の多い一帯)にコミュニティ・プラントといわれる小規模な下水処理システムが稼動しているに過ぎない。詳細は町のサイトを参照していただこう。加入料金等けっこう高額なのがわかる。

さて、とりあえず蓋の写真を。
十分な撮影時間が取れず、まともなライティングのものが無いのが悔やまれるが、一枚目などはそれなりに風情があるだろう…か?

mh135-1白子下水汚水区間弁
汚水区間弁。なんだそりゃ? そんなもの見たことないな、なにか特別な設備があるのだろうか?

mh135-2白子下水真空区間
そう思っていると、さらに「真空」の文字がある蓋も見つかった。

そうなのだ、白子町下水道の特徴は真空式下水道システムを採用していることだ。
真空式下水道とは、管内の一部を真空にし、発生する吸引力によって汚水を収集する仕組み。
平坦で自然流下が不適当で、なおかつ小規模な地域で採用例が多い。白子町などにはうってつけのシステムであるといえよう。

mh135-3白子下水真空弁
真空弁の蓋。目についたのは、だいたい先ほどの汚水区間弁かこの真空弁のどちらかだった。


なお、真空式下水道については、こんな動画がある。先日、Twitterで見つけたものだ。ブックマークしておいてよかった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。