マンホール(141):荒玉水道の複排気弁の蓋

荒玉水道の蓋は、これまでに止水栓制水弁などの小蓋や泥吐室などが見つかっていたが、最近「複排気弁」なるものが現存しているらしいと聞き及びこの日の探蓋行のさい、見に行った。

mh141-3.jpg
青梅街道から北に入った、一方通行の狭い通りに物件はある。

mh141-4.jpg mh141-1荒玉  mh141-2.jpg
狭い車道の真ん中であるから車のタイヤが踏まない位置に来るわけで、それゆえに摩滅が少なくていい感じに文字が残っている。
しかし字数が多い。

どこかに消火栓・区画量水器なども動態保存で残っていなものだろうか。消火栓などは、「マンホールのふた」のころには100枚以上もあったというが、なにしろ初版刊行から28年経っているからなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク