スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(148):東京都の右書き消火栓

これまでに紹介した東京都の消火栓角蓋は大部分が格子が浮き出た地紋のものである。

この様式が制定される以前は、逆に格子が凹みダイヤ型が浮き出る地紋の蓋が設置されていた。
上のリンクでいうと、新宿西口の蓋がそれに当たる。
マンホールのふた」が出た時分には珍しくなかったこの様式だが、今となってはそうおいそれと見つかるものではなくなっている。
そんな中でもとりわけ希少なのが、右書き(右から左への横書き)で「栓火消」と記された蓋。築地や板橋などに若干の現存報告があるだけのその蓋を、先日北区西ヶ原1丁目で新たに発見した。

mh148 (6)
雨に濡れてぬらっと光る蓋。遠目にもダイヤ柄がわかった。

mh148 (1)simohuri  mh148 (2)
近寄ってみるとこの通り、「栓火消」だった!
どうやら、「マンホールのふた」19頁のキャプションに言及のある単口消火栓というやつで間違いなさそうだ。
昭和31年の仕様書では左書きになっているというから、戦後復興期くらいのものだろうか。このあたりは空襲でだいぶ焼けたと思うので、戦前というほど古いものではあるまい。

mh148 (4)  mh148 (5)
文字部分と紋章。市章or都章が横向きの気がしますが…。






大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。