スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(154):高田町下水の角蓋

【発見までの流れ】
高田町下水の蓋は、これまで丸蓋数枚の現存が知られてきた。

だが、どうやら角蓋がもう一枚残っているらしい、という話がTwitter上で出たのが12日の深夜24時を回ったあたり。貼られていたURLを見ると、たしかに既知の丸蓋たちに混じって角蓋が掲載されていた。
この角蓋、元ブログの記述によるとどうやらあまりおおっぴらには書けない妙な場所にあるらしい。

Twitterでは当然のように考察タイムがはじまった。GoogleMapの航空写真でそれらしい蓋を見つけて、深夜2時だというのに現地に赴く猛者も現れた(結局これはただの消火栓の蓋だったそうだ)。

13日の午後、上の猛者氏は目白・南池袋・雑司が谷などを自転車で踏破。しかし、問題の蓋は見つからなかったという(代わりに都電の学習院下停留所付近で丸蓋の新発見があったそうで、それはそれで目出度い発見であった)。

となれば、他の区域にあるのか、それともよほど奥まった場所にあるのかどちらかだ。
林丈二「マンホールのふた」にかつて同型の角蓋が目白2に2枚存在した旨の記述があることや既知の蓋はすべてこのエリアに集中していることから、やはり物件は目白界隈にあるのではないかと考えた私は、14日の昼まえ、徒歩で存在推定区域を踏破すべく出かけたのである。
自転車では見つからない場所に絞れば手っ取り早かったのだが、あまり土地鑑のない目白界隈を歩いてみたかったのでしらみつぶしを試みた。

だが、三時間歩いて成果はほとんどなし。木製電柱くらいしか収穫はなかった。発見は、そろそろ帰ろうかと思いはじめた矢先であった。


【これが高田町角蓋だ!】
mh154-1.jpg mh154-2.jpg
これだ……! 確かに微妙な場所だ。一見して私道っぽい路地(あとで調べたらやはり私道だった)の奥で、徒歩ならまだしも自転車で乗り入れるというわけにはいかないところに位置していた(自転車で仮に踏み込んでいたとしたなら、そのマンホロジストは譴責されても仕方ないほどだろう)。第一報告者同様、私も詳細位置は公表しないことにした。

mh154-3.jpg
紋章部分。データベースでいうところのAタイプだろうか。

mh154-4.jpg mh154-5.jpg
サイズ比較用に我が使い古した携帯を置いてみた。長さ103mm、幅50mm程度である。してみると62~65センチ角程度だろうか。

似たような路地を探せばまだもう一枚くらいあるのかもしれない。
しかし、明らかな私道にまでむやみに乗り込んでいくのはやめましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。