スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(168):千住町再訪 謎角蓋と外された丸蓋

6月はじめのある午後、久しぶりに北千住界隈を訪れた。
前回歩かなかった路地で、あわよくば千住町下水の蓋か江戸川上水の蓋を見つけようと思ってのことであったが、あれから1年半の間何人もの探蓋者たちに調査されただけあって、珍しいものは特に何も出ないのであった。

ふらふらと北千住の駅まで歩く。途中商店街など覗いてまわりながら。
すると、バス通りの裏に細い路地があって、いくらか商店が並んでいるのが見える。
探蓋師の勘がはたらいた。ここには何かあるかもしれない。

案の定、商店の脇に初めて見る角蓋が。

mh168千住町再訪 (1)
結構古そうな汚水枡蓋である。この紋章が気になる。
  
mh168千住町再訪 (2)  mh75-2.jpg
千住町の既知の紋章と並べてみる。
かなり違うが、どちらも千住の「千」の字を3つ回転対称に配置した図案に見える。
立地や時代を考えると、何らかの理由から用いられた町章のヴァリエーションではないかとも(かなり都合の良い)想像が働くのである。
(2013/07/18追記:人づてに聞くところによれば、林丈二氏もこれを千住町のものとする意見をお持ちとのことだ)


さて、これを撮っていたら、商店の人に何しているのかと話しかけられた。そりゃそうだ、どう見ても怪しい人である。
失礼を詫び、マンホールマニアなので気になる古い蓋を見つけたので撮らせてもらったと説明した。すると、店のおばさんが「いいものがある」と店の裏に手招きをする。
一体なんだろうと思ってついていくと、そこにあったのはなんと。

mh168千住町再訪 (3)  mh168千住町再訪 (4)
千住町の丸蓋! 外されて静態保存されているではないですか!
話を聞くと、7,8年前に下水道工事が入ったとき、昔なじみのこの蓋を貰い受けて取っておいたそうだ。
千住で永いこと商売をしている家の方で、蓋の他にも古い千住の写真を保管して郷土資料館(的なところ)に提供したりと色々なさっているそうだ。
子供のころ、そこらじゅうに千手町のこの蓋が残っていたことなど、貴重な地元話を聞かせてくれた。
「タモリ倶楽部」で取材に来ないかなどと言っていたが、いつか実現する日は来るだろうか。なまじ路上に現存している事例よりは面白いんじゃないかと思う。

mh168千住町再訪 (5)
なお、交代で設置された現役蓋はこちら。2005年に管渠が再構築されているようで、証言とも合致する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。