スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(174):東京都下水道の新式マンホール?

渋谷川の支流暗渠とその付近を、何か面白いものはないかと探し回っていたときに見つけたものである。
地形を楽しむ東京「暗渠」散歩」によれば白金三光町支流が流れていたはずの、東大医科学研究所東端の谷から一本さらに東に行った道にこいつがいた。

mh174-2新式番ホ
なんだこれは!? デザインは通常の現行蓋そっくりだが、輪郭線の間がくり抜かれて網状に透けているじゃないか。
しかも中にはなにやら装置らしきものが入っている。

mh174-4新式番ホ
よく見ると問合せ先がどうこうと文字が記載されたものもある。


mh174-3新式番ホ
最新式の蓋に準拠しているので、キャップが埋め込まれている。
12-4L-2G-32という記号が意味するところが何なのかは当ブログの読者であればご存知だろうが、説明しておくと、「1932年に敷設された合流管があり、下水道台帳の2816ページの3Cのメッシュ(4L-2Gが示す座標を複雑怪奇な式で変換するとこうなるのだ)に含まれる人孔番号12番の蓋」ということ。
支流本体の暗渠化時期はよくわからないが、同じ頃かもしれない。

なおこのキャップの変換CGIという極めて酔狂なものがこの世にはあるので参考までに。開発秘話がTogetterにまとめられているのでこちらもどうぞ。


   ※   ※   ※   

mh174-1.jpg
そういえば、似たような網型の新式蓋が数枚報告されている。上の画像は、都電荒川線沿いのどこか(荒川遊園あたり?)で以前見つけたものだが、位置等を失念してしまいそのままになっていたもの。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。