マンホール(179):渋谷川並木橋の中水放流箇所

東京都は、水量の低下した旧用水・河川に処理水を放流する、いわゆる「清流復活事業」を行っている。
対象河川のひとつ渋谷川では、平成7年以来一日計画量最大19,900m3/日が放流されている。
放流用の処理水には中水道が使われているのだが、当然、放流箇所にはなにか設備があるはずなのだ。渋谷川の場合は、並木橋のそばがそれである。で、行ってきた。

mh179並木橋 (1)
「並木橋児童遊園地」が現場だ。

mh179並木橋 (2)
消防倉庫の隣に2枚のマンホールが。

mh179並木橋 (5) mh179並木橋 (6)
「減勢槽」「消防兼用」とある。減勢、とはなんだ? 中水管の圧送力では強すぎるのだろうか。

mh179並木橋 (3)
ここより上流は殆んど涸れているのだが。

mh179並木橋 (4)
放流口から先はこの通り。


動画はこんな感じ(サムネイルが多分上手く出ていないが、クリックするとTwitpicの頁に飛べるはずである)。
Share photos on twitter with Twitpic

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

渋谷・代官山 もしかして 恵比寿あたりのマンホール

真ん中のマークが 東京都の前身 東京府のマークで東京府は 1868年(慶応4年、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク