マンホール(195):荒玉水道の新種制水弁など

荒玉水道の制水弁といえば、「マンホールのふた」にも載っているこの記事の様式のものが有名である。
この蓋、一目でわかるがなんだか異様だ。足が割れている。なにこれ。面白いと言えば面白いが、概して不気味呼ばわりされることの多い不憫なデザインである。
もっとシンプルな様式もあるような気はしていたが、先月9日ついに発見報告がもたらされたので見に行ってきた。

mh195-1荒玉水道制水エン (1)
錆が目立つのが気になるところだが、摩耗に関しては少ない。
直線による4つ割で紋章に加え制水弁の三字をあしらうという、東京市ではごくオーソドックスな様式である。しかし荒玉水道としては初報告の今のところ天下一品。

mh195-2荒玉水道制水エン (2)
紋章部はわりとはっきりしている。


   ※   ※   ※


ついでに、二、三最近(でもないか)見つけたやつを。

mh195-5荒玉水道水止栓中野1
中野区中野1の車道上で。近くには後日紹介の東京都旧仕様消火栓もある。

mh195-3荒玉水止栓西ヶ原 (1) mh195-4荒玉水止栓西ヶ原 (2)
西ヶ原駅裏手、住宅街の中で。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク