マンホール(203):香川県高松市の上水道蓋

下水道蓋に続き、上水道関係の蓋である。香川県の水道蓋は坂出市を紹介済みだが、それともちょっと違う首府・大都会高松のものを堪能されたい。

mh203 (1) mh203 (2) mh203 (3)
消火栓蓋からご紹介。カラー2点と無色蓋。前二者は高松の「高」の下に「水」の字をあしらった水道章?が鋳出されているが、後者は市章(市のサイト参照)をベースにしたものであり、根本の割れた矢印のようなものは松葉の図案化であるようだ。よく見ると前二者の水道章にも松葉のモチーフが一応含まれてはいるようにみえる。

mh203 (4) mh203 (5) mh203 (6) mh203 (7) mh203 (8)
続いてハンドホール小蓋。順にコメントしてみよう。
「水」1字のものは汎用品なのだろうか、どこか他所でも見たような気がしなくもない。
「インサート弁」には文字部分に間仕切りがなくのっぺりとしていて、都内では見ない外観なので面白い。
「仕切弁S」は、紋章と合わせて5文字分に分割されていて、これはこれで珍しい。
「S仕切弁 配 150」今風のキャップ式カラー蓋。
「制水瓣」これは紋章が先に紹介した二つとは違っている。一説によるとこれは二番目くらいに古いものらしい。ネットで見つかる一番古そうな蓋画像(阻水瓣)には、市章そのもの(あるいはよく似たもの)が描いてあるように見える。

mh203 (9) mh203 (10) 
続いて他の用途の大ぶりの蓋をご紹介。空気弁2種。黄色と青とで何か違うのかしら。

mh203 (11) mh203 (12) mh203 (13) mh203 (14)
仕切弁4種。比較的着色された蓋が目立つように思われた。

mh203 (15)
最後に歩道から撮った車道上の蓋。「防火水そう」であるが、黄色枠もないがいいんだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

今日のブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク