fc2ブログ

    骨董マンホール入門(3)

    骨董マンホール入門(1)および同(2)の続き。


    [10]10月14日 21:45  今夜の骨董マンホール【王子町】
    mh125-14.jpg mh125- (3) mh125-10.jpg mh125-12.jpg
    東京都北区は以下のような経緯で成立している。

    ~1932年9月 北豊島郡王子町・岩淵町・滝野川町
    1932年10月~ 王子+岩淵→東京市王子区、滝野川町→東京市滝野川区
    1947年3月 王子区+滝野川区→東京都北区


    これらのうち、独自の下水道蓋を設置したのは王子町のみ(瀧野川は計画止まりで、東京市併合後に着工されたものと考えられている)。
    今回紹介するのはその北豊島郡王子町の蓋である。
    十条駅付近や王司本町一帯に合計10枚以上残っているから、戦前の廃止自治体の遺産としてはかなり現存数が多い。
    (写真2)は中央部の紋章であるが、王子の「王」の字の上下に「下水」の字があるのがお分かりだろうか。
    このように町名の文字や町章を図案化された「下水」で囲うことによって下水道専用のマークとしている事例は多々ある。我々マンホール愛好家はこの「下水」の囲いを漢字の部首に倣って「下水構え」と呼んでいる。
    なお(写真3)は東京都下水道局の某施設に保管中の王子町の蓋。交換されて路上からは撤去されたものである。これは普通の人孔(マンホール)より小さく、ランプを下げるためのもので燈孔(ランプホール)という。
    燈孔は戦後は殆んど設置されることがなくなったもので、下水道の供用が早い土地でしか見ることができない。それも残っていてもわずかである。



    [11]10月15日 16:34  今日の骨董マンホール【東京帝国大学】
    東京帝国大学 暗(円部) mh9-3.jpg 帝大下水
    これまで紹介したのは殆んどが自治体製の蓋であるが、それなりの規模の敷地や建物をもつ企業・団体も独自の銘入りの蓋を設置していることがある。
    自前骨董蓋所有団体の代表格はなんといっても東大だ。関東大震災で東大(本郷)は大きく被災している(図書館などが燃えている光景が宮崎駿の新作「風立ちぬ」でも描かれていたのを観た方は覚えているだろう)が、その後復興されてからほとんど建物の配置に異動がないことから、昭和初期設置と思しき戦前ものの蓋が数多く残っている。
    注目すべきなのは「東京帝国大学」「帝大」と書かれている点。「帝国」が付くのは、昭和22年に改称されるまでの名称である。
    下水のものだけでなく、電気関係のものも掲載した。「暗」とあるのは暗渠のことで、他に「暗渠」と2文字書かれたものも残っている。暗渠の蓋というのは他所では見たことがない。



    [12]10月15日 19:59 今夜の骨董マンホール【一高】
    mh17-2.jpg mh17-3.jpg mh17-5.jpg
    先ほど帝大の蓋を紹介したが、帝大とくれば今度は一高(第一高等学校)である。
    一高の敷地は今日では東大駒場キャンパスになっている。本郷よりはだいぶ建物の増減が多い駒場であるが、一号館周辺などに一高の蓋がちゃんと残っている。



    [13]10月16日 19:40 今夜の骨董マンホール【大崎町】
    mh146 (1) mh146 (4)
    現在の品川区は、昭和22年に旧品川区と荏原区の合併によって成立したもの。その旧品川区は、東京府荏原郡品川町・大井町・大崎町の三町の合併によって昭和7年の東京市域拡張の際に生まれたものである。
    これらのうち、品川町と大崎町のマンホール蓋がごくわずかに現役で使われている。
    今日紹介する大崎町は、残念ながら大ぶりの丸蓋・角蓋の現存が確認されていない。王子町の記事で触れた燈孔(ランプを下水管に下ろすための細い立穴)蓋が2枚と、民家の敷地内に小さな雨水溝の蓋が1枚見つかっているだけだ。
    写真のものは大崎4丁目に残っているもの。(写真2)のように引いて撮ると一見気づかないほどに小さい。
    東京市の燈孔はもう少し大きいのだが、これは名古屋市型といわれるタイプのもので小さいのだ。そういえば王子町の燈孔も名古屋市型である。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    rzeka

    Author:rzeka
    マンホール等探索者。

    因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
    rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



    当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

    カレンダー
    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    amazon
    2012.6~
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    リンク