マンホール(211):新発見の荒玉水道量水器ほか

最近、骨董蓋の追加報告記事を続けて書いている。その流れに任せて今回取り上げるのは、先日見つけた荒玉水道量水器である。
荒玉の量水器は、以前にも中野区内で発見している。同記事中の赤羽の蓋はもう現存しないらしいので、この様式の現存例はひとつだけになっていた。

先日やはり中野区内を散策していた。古い町並みでなにかありそうなのだが、道路は割と新しくなっていて特に何もない。
この探蓋行は不発だなあ、と夕暮れ時を撤収も兼ねて駅に向かっていたところ、ある家の軒先に…。

mh211aratama (1)
これがあった。

mh211aratama (2) mh164荒玉水道量水器 (3)
一枚目(左)が今回のもの、二枚目(右)が前回のものである。表面の腐食は今回のほうがはっきり大きいが、同一様式であることは読み取れる。前回のものには右側に2つ穿孔が見られるが、これは後世のものだろう。


mh211-12.jpg
ついでに、近くにあった状態良好の小蓋。二匹目のドジョウはこれくらいで、近辺には特に古蓋は見当たらなかった。


   ※   ※   ※ 

ついでに、他所で見つけたものも一応掲載しておこう。  

mh211中野本町6 (1) mh211中野本町6 (2)
中野区本町6にて。水止栓。

mh211荒玉水道南阿佐ヶ谷2連 (1) mh211荒玉水道南阿佐ヶ谷2連 (2) mh211荒玉水道南阿佐ヶ谷2連 (3) mh211荒玉水道南阿佐ヶ谷2連 (4)
杉並区南阿佐ヶ谷に近接して2枚遺るもの。

mh211aratamasomei (1) mh211aratamasomei (2) mh211aratamasomei (3)
頭部が浮いていて側面が覗いている。染井霊園の近くに現存。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク