マンホール(215):麹町で見つけた自働洗滌槽

今回紹介するのは、だいぶまえ都心を歩いていると出くわした蓋である。
自働洗滌槽に関しては以前の記事に詳細と京橋の物件を載せておいたので参照されたい。

さてこの蓋、本来甲乙二種が一組で設置されるものであった。
これが完全な形で残っている例は少なく、えてして一方のみだったりする。のだが。

mh215自働洗滌槽麹町3 (1)
これが麹町三丁目で見つかったもの。甲種(文字入り・孔なし)のみなのだが、すぐそばにコンクリ製の人孔蓋があるのが珍しい。

mh215自働洗滌槽麹町3 (2)
逆側から。これは戦前には既にあった初代コンクリ蓋の様式。かなり早い時期から、乙種蓋の代わりにこの人孔蓋が設置されていた可能性がある。

mh215自働洗滌槽麹町3 (3)
紋章部分。あ、あべこべに嵌まってる。



大きな地図で見る
ストリートビューでも見ることができる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク