スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(216):水道排水栓の新仕様蓋

骨董蓋の記事が続いていたが、今回は一気に時代を飛び越えて新しいものを紹介する。
水道排水栓に関しては、当ブログの初期にきわめて簡単な記事を書いたことがあるが、今回はその続き。

前の記事では排水栓の用途すら書かれていないが、これは要するに配水管路網の末端に置いて、管内に汚濁などが生じた際に排出するための設備だ。
構造としては消火栓と変わらないことから、災害時に消火栓と同様に用いようとする協定が、東京消防庁と都水道局の間で締結されたことは記憶に新しい(そんなの知らんというツッコミは無用だ)。
上のリンクには都区内に400余個存在するとある。いっぽう別の情報源によると都内に5000ヶ所あるそうだ。まさか三多摩や島嶼部に4600個あるとは思えない(実際のところ1590個との情報があった)ので、5000というのは多分集計方法が異なるのだろう。おそらくこれらの記事にある簡易排水栓4600基を含んだ数値だと思われる。


mh216都水道排水栓最新 (2) mh216都水道排水栓最新 (3)
これは池袋の外れの住宅街で見つけた設置されたばかりと思われる真新しいもので、上の過去記事のものと似ているが若干字体が異なる。なんとか車が通れるくらいの狭い道だった。

mh216都水道排水栓最新 (1)
これは高円寺北の路地で見つけた、やはり設置直後らしきもの。上のような斜め格子地紋ではなく、カタカナのハの字を連ねたような地紋が特徴的で、消火栓等の他種の蓋ではこの地紋はまだ見たことがない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。