マンホール(220):変わり地紋の「水道配線用」蓋

先日手書きテレメータ記事を書いていて、その存在を思い出した蓋である。

mh220都水道配線用大塚 (1)
「水道 配線用」とある蓋。ふつうの水道局蓋は凹凸のレベルが2段階で、地紋の凸部と文字部分が同じレベル(地紋の凹部と文字部の背景も同一レベル)になっているが、これは地紋凸部と文字背景部が同じで、その上にさらに盛り上がって文字が鋳出されているのが珍しい。
水道で配線ということは、これこれのように、やはりテレメータ用途のものだろう。実際にこの蓋のそばには制御装置ボックスらしいものが立っていたはずだ。

mh220都水道配線用大塚 (2)
同系統のデザインの「排水室」蓋と並んでいる。

mh220都水道配線用大塚 (3)
「水道 排水室」。

文京区大塚にて。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク