スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年6月の読書メーター

201406matome.jpg


2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:7391ページ
ナイス数:19ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/28277/matome?invite_id=28277



■もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら (幽ブックス)
読了日:6月1日 著者:工藤美代子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840139148

■映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)
読了日:6月1日 著者:富野由悠季
http://book.akahoshitakuya.com/b/4873767369

■読み出したら止まらない! 国内ミステリー マストリード100 (日経文芸文庫)
たぶん31冊既読。過半数を読まずに言うのもどうかと思うが、なかなか多様で面白い選出ではないかと思う。
読了日:6月2日 著者:千街晶之
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38493857

■ネオ・ファウスト (朝日文庫)
良くできているようでいて、プロット細部の整合性必然性がやや弱いように感じた。老大家の若返りテーマという点では、藤子Fのこれまた晩年最後の長編である「未来の想い出」と重なるところがあるな。
読了日:6月3日 著者:手塚治虫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38519221

■彼女はたぶん魔法を使う (創元推理文庫)
初読時はあまり気に入らなかった記憶があるが、著者の他作品いくつかを経て再読してみるとこれはこれで魅力的であると思われた。
読了日:6月4日 著者:樋口有介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38543285

■帰ってきたヒトラー 上
読了日:6月6日 著者:ティムールヴェルメシュ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309206409

■帰ってきたヒトラー 下
読了日:6月8日 著者:ティムールヴェルメシュ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309206417

■二歩前を歩く
読了日:6月8日 著者:石持浅海
http://book.akahoshitakuya.com/b/4334929346

■ささらさや
読了日:6月9日 著者:加納朋子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344001168

■菩提樹荘の殺人
巻頭作は2013年に吉祥寺と三鷹台で起きた二つの事件をちょっと連想させたが、小説のほうが早かった。
読了日:6月11日 著者:有栖川有栖
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38725974

■聯愁殺 (中公文庫)
読了日:6月12日 著者:西澤保彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4122053633

■夜明け城 (手塚治虫漫画全集 (50))
読了日:6月12日 著者:手塚治虫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061086502

■不思議の扉 午後の教室 (角川文庫)
読了日:6月14日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4043944683

■初恋よ、さよならのキスをしよう (創元推理文庫)
読了日:6月16日 著者:樋口有介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4488459021

■さよなら絶望先生(23) (少年マガジンコミックス)
読了日:6月17日 著者:久米田康治
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063843963

■てるてるあした
読了日:6月17日 著者:加納朋子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344007840

■はるひのの、はる
読了日:6月20日 著者:加納朋子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344024133

■不思議の扉 時間がいっぱい (角川文庫)
読了日:6月20日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4043943407

■アラマタ大事典
読了日:6月22日 著者:荒俣宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062140527

■世界幻想文学大系〈第34巻〉ロシア神秘小説集 (1984年)
読了日:6月22日 著者:紀田順一郎,荒俣宏
http://book.akahoshitakuya.com/b/B000J73U8I

■不思議図書館 (1981年)
読了日:6月24日 著者:寺山修司
http://book.akahoshitakuya.com/b/B000J824SY

■ミステリとしての『カラマーゾフの兄弟』―スメルジャコフは犯人か? (ユーラシアブックレット)
読了日:6月26日 著者:高野史緒
http://book.akahoshitakuya.com/b/4864591105

■満願
嫌な話としては既視感が強く作家の独自性は薄れた感じはあるが、そのかわり小説としてはいつもより出来がいい。いわゆる賞狙いってやつなのか。
読了日:6月26日 著者:米澤穂信
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/39099773

■東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 (光文社新書)
読了日:6月26日 著者:三浦展
http://book.akahoshitakuya.com/b/4334036988

■希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く (ちくま文庫)
読了日:6月29日 著者:山田昌弘
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480423087

■R.P.G. (集英社文庫)
読了日:6月30日 著者:宮部みゆき
http://book.akahoshitakuya.com/b/408747349X


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。