2009年に観た映画(仮集計)

今年も残りわずか。そろそろ諸々の記録を集計するべき時。
ということで、今年に入って今日まで見た映画をまとめてみた。

月別本数は以下の通り。全て映画館で観たものであり、DVD等ではない。

1月 10本
2月 8本
3月 8本
4月 16本
5月 9本
6月 16本
7月 13本
8月 23本
9月 6本
10月 4本
11月 1本
12月 1本

締めて115本。二年連続3桁は達成できた。

去年は何とか3ケタ台に乗せるべく、普段観ないヤクザ映画や反核左翼映画やらを年末駆け込みで観に行っての記録達成だった。それに比べると今年はきわめて快調。暇なうちにいろいろ見れたので無理なく達成。年末の数日は暇が取れそうなので、あと5本は観て月平均10本を達成したい。

因みに、ヤクザ映画とは「日本任侠道 激突篇」(山下耕作・1975・東映)で、なかなか悪くなかった。まあたまにはこういうのもいいかな、と思えたのは幸い。
反核左翼映画とは、ちょうどフィルムセンターでやっていた亀井文雄特集。短編が多く、300円で2本稼げるのは良かったが・・・。内容は、まあ、あれだ。へいわってだいじだなあ。


さて、今年の劇場ごとの作品数は以下の通り(二本立てなど、一回で複数本観た場合は、1じゃなく本数で数える)。

ラピュタ阿佐ヶ谷 37
シネマヴェーラ渋谷 30
フィルムセンター  12
神保町シアター 10
新文芸坐 7
シネマート六本木 4
早稲田松竹 3
下高井戸シネマ 2
三鷹市芸術文化センター 2
テアトルタイムズスクエア 2 
T・ジョイ大泉 2
新宿バルト9 2
グリソムギャング 1
吉祥寺バウスシアター 1


行こうと思えば楽に行ける阿佐ヶ谷と渋谷が順当にトップに来た。行きたいなあと思いながら行かなかったのは断トツで新文芸坐。池袋には行きにくい。




観た作品のベスト12を挙げるなら、こんな感じ。順番は観た順で、順位というわけではない。


地平線がぎらぎらっ(土井通芳・1961・新東宝) @シネマート六本木
  ジェリー藤尾の唯一?の主演作。新東宝末期の捨て鉢な勢いがいい方向に突き抜けている。問答無用に面白い。
危いことなら銭になる(中平康・1962・日活) @ラピュタ
  何本か見た感じでは、中平は喜八ら東宝のモダン派には遠く及ばないと感じたが、これは別。都知事弟のような大根がいないのもいい。かったるい蔵原演出でないのもいい。
弥次喜多道中記(マキノ正博・1938・日活) @三鷹市芸術文化C
  太田和彦「シネマ大吟醸」で読んでから気に掛っていた。ところでIMEは「弥次喜多」も変換できないのか・・・
丹下左膳餘話 百萬兩の壺(山中貞雄・1935・日活) @ラピュタ
  「丹下左膳」もだめか・・・
・昨日消えた男(マキノ正博・1941・東宝) @シネマヴェーラ
  文句なし。
しとやかな獣(川島雄三・1962・大映) @早稲田松竹
  団地映画の最高傑作。ほぼ密室劇なわけだが、川島雄三はこういうのも撮れるのかと感心。伊藤雄之助は良い。
・秋立ちぬ(成瀬巳喜男・1960・東宝) @神保町シアター
  東宝バイプレーヤーの一人・桜井巨郎の顔を確認できる絶好の作品。
上意討ち 拝領妻始末(小林正樹・1967・東宝=三船プロ) @ラピュタ
  これはもう本当に完成度が高い。
果てしなき欲望(今村昌平・1958・日活) @シネマート六本木
  殿山泰司ってなぜあんなに変わらないのか。
・いのちぼうにふろう(小林正樹・1971・東宝) @ラピュタ
  なぜソフト化されないのかわからん。「上意討ち」ほどではないにしてもこれも傑作なのに。
・鬼火(千葉泰樹・1956・東宝) @ヴェーラ
  加東大介の7~8本ある主演作のひとつ。よくできた中編。
・渡り鳥いつ帰る(久松静児・1955・東宝) @フィルムセンター
  グリソムギャングのトークイベントで出演者の加藤春哉氏が回顧していたことから、観たいと思っていた作品。死去したばかりの森繁が出ていた。もう呆れるくらい巧いので、評する言葉もない。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク