マンホール(35):神保町の区画量水室兼消火栓

続けてもういっちょう消防ネタで。

マンホール(26)の記事で、区画量水器と消火栓の共用蓋について書いた。
今回載せるのも同様の蓋である。ただし、量水「器」ではなく量水「室」。たしか、神保町の靖国通りと白山通りの交差点、廣文館書店前にあった(うろ覚えなのでgoogleストリートビューで確認したら、ちゃんと角蓋か写っているので合ってると思う)。

mh35-1.jpg

この蓋の見どころは次の拡大画像にある。
mh35-2.jpg

」の字だけ、不恰好なお役所ゴシック体ではなく毛筆風のフォントなのである!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク