スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンホール(41):東京都の水道制水弁【小】

前回記事のものよりはるかにありふれた小さい蓋を掲載する。

mh41-2.jpg  mh41-1.jpg  mh41-7.jpg

これらの写真の内側の丸蓋はどこにでもあるものだ。但し、左画像の同心円状のコンクリ縁は見かけない。中の六角形の縁は時折見かける。右のものは「給水弁」の表記で、たまにある。

mh41-5.jpg  mh41-4.jpg  mh41-8.jpg
これらは上のものより新しい仕様と思われる。制水弁と給水弁の区別はなんだろうか? 右のものは中心の輪が円ではなく六角形になっている珍しい物。

mh41-11制水弁カラー
たまに存在するらしい色つきの蓋。茗荷谷駅近くにて。

mh41-10(都水道WTB)
これはWTBというアルファベット表記の物。もしかしたら制水弁とは全く違うものかもしれない。何の略かは調べてみなければ。

mh41-3.jpg
こちらは四六判の本くらいの角蓋。本郷通り沿いの路上に多くあった。

mh41-6.jpg
荻窪駅北側の住宅地に、桃園川暗渠水源地を見に行ったときに見つけた、コンクリ仕様の制水弁と思われる蓋。一説に戦前に作られたものだという。
東京都の例のマークが大きくあしらってある。都心を中心にたまに見かける。文京区内で5枚ほど見た。

mh41-9(東京市制水弁)
またこちらは、東京市時代の蓋のような足の長い紋章が珍しい。制水エンで足の長いものなら珍しくはないのだが…。


加筆2010/09/06 : 2010/12/18 2011/05/25
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

角蓋の制水弁には「弁」の文字に2タイプ有る様ですね。
「ム」の部分が右上がりに傾いた物と平行な物を見掛けます。
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。