スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文京区町会コレクション【17】関口台町小学校エリアの4町会

【17】関口台町小学校(関口2-6-1)……4町会
目白台豊川町会、高田老松町会、関口町会、関口二・三丁目町会

こんどは半年も空けずに済んだ、文京区町会コレクションのつづきであります。
で、いつもの3点セット↓ これを見れば分かるように、「なんとか小エリア」というのは学区ではなく、避難地図準拠の話なのでねんのため。
特集の序章
防災地図 ※リンク先PDF by文京区
昭和地図 by日文研

(1)目白台豊川町会
1701文京ー目白台豊川 (1) 1701文京ー目白台豊川 (2)
掲示板の上部が隠れているので、ビラの記述で代用。しかし5色のタオルとはいったい。
今日の目白台1・2丁目の多くを占める。かつての高田豊川町。表通りには日本女子大などがあり、南の方の斜面はこまごました民家も立ち並ぶ。そういえば田中角栄邸もこの区域になるのだろうか。お金持ちも多いのか、募金を16万も集めている。
文京区でも最西端の町会といえる。

(2)高田老松町会
1702文京ー高田老松 (1) 1702文京ー高田老松 (2) 1702文京ー高田老松 (3)
目白台3丁目南側と、和敬塾北側くらいまでだろうか。目白台運動公園・和敬塾・椿山荘・関口カテドラルなど面積の広い施設群に取り巻かれた、ところどころ昔ながらに古さびてはいるものの、なかなかの高級住宅街の部類だと思う。

(3)関口町会
1703文京ー関口 (1) 1703文京ー関口 (2)
関口1丁目の西半分で、旧・関口町の範囲。神田川の南岸であり、途中新宿区の侵襲を被っていて文京区本土とはいささか断絶があるような地域である。概ね川と新目白通りのあいだであるが、一部新目白通りをさらに南に突き抜けているところもあり、文京区の領土的野心を思わせる。だいたい住宅、大通りに面したところにはオフィスビルという感じか。このへんだと、建物名に早稲田を含むところも散見する。

(4)関口二・三丁目町会
1704文京ー関口二三丁目
たぶん関口2・3丁目の全域に重なるのではなかろうか。旧町名だと、関口町、関口台町、関口駒井町のそれぞれ一部。関口町は、文京区内の旧町名では珍しく、(いまでも郊外や田舎の住居表示未実施エリアで目にするように)飛び地が散在している感じだ。
民家の他、公園・学校・椿山荘・関口カテドラルなどが含まれる。住宅ととしては分断が多く、まとまりには欠くかもしれない。

文京区町会コレクション【16】青柳小学校エリアの4町会

【16】青柳小学校(大塚5-40-18)……4町会
豊島ケ岡町会、大塚坂下南町会、大塚坂下北町会、目白台二丁目町会

またしても半年も空いてしまったが、文京区町会コレクションのつづき。
で、いつもの3点セット↓
特集の序章
防災地図 ※リンク先PDF by文京区
昭和地図 by日文研


(1)豊島ケ岡町会
1601文京ー豊島ヶ岡
旧大塚坂下町は、今日では文京区大塚5・6丁目となっている。
北側が6丁目で南側が5丁目であるが、豊島ケ岡町会はその6丁目の西側の高台部分にあたる。なお低地部分が(3)の大塚坂下北町会。
周囲の豊島区東池袋や大塚坂下北町会エリアと比べて、わりと区画が直線的に整った町並みであるが、細い路地の多さなどは同じであり、こみごみした文京区マイナー街の特徴はよく見て取れる。
南側には護国寺や、おそらく町会名もここから取ったであろう皇室の豊島ヶ岡墓地がある。

(2)大塚坂下南町会
1602文京ー大塚坂下南
旧大塚坂下町の南側である大塚5のうち、おそらくどこの町会にも属さないはずの護国寺・墓地・学校を除いた部分が大塚坂下南町会であろうと思われる。
水窪川の作った低地沿いに古い建物が多く残り、路地探訪の好きな人にはたまらないエリアだと思う。ある消防系骨董蓋もこの地に眠っている。

(3)大塚坂下北町会
1603文京ー大塚坂下北 (1) 1603文京ー大塚坂下北 (2) 1603文京ー大塚坂下北 (3) 1603文京ー大塚坂下北 (4)
(1)豊島ケ岡町会の東で、(2)大塚坂下南町会の北。大塚6の東側を占めるこの町会もやはり水窪川の低地沿いである。
町並みの特徴も、(2)大塚坂下南町会と概ね同じである。なお、隣接する豊島区東池袋のある路地に、西巣鴨町の雨水枡蓋が残っている。現在判明している限り、西巣鴨町の骨董蓋の現存例はこれが唯一のものである。

(4)目白台二丁目町会
1604文京ー目白台2丁目
現在の目白台2丁目は、旧町名でいう高田老松町・高田豊川町・雑司ヶ谷町のそれぞれ一部からなる。
目白台二丁目町会は、町域のうち不忍通り以北に細長く伸びたエリアを占める。旧町名では、全域が雑司ヶ谷町に相当する。
表通り沿いには再開発されたマンションがあり、奥まったところには日本女子大のテニスコートなどもある。合間合間には古い民家や寺院もあって、ちょっとモザイク状に混沌とした印象の町並みである。

マンホール(239):浜松町付近の再生水蓋

以前北新宿の中水の蓋と、渋谷川の清流復活事業に使われている再生水の蓋については記事にした(中水道と再生水は東京都下水道局の場合実質同じもののようだ)。

今回紹介するものは、JR浜松町付近、住所でいえば新橋5、6丁目や浜松町1、2丁目でよく見かけるものである。

mh239再生水新橋浜松町 (1) mh239再生水新橋浜松町 (2)
よくある下水道の「犬の集会」小蓋に見えて、「再生・仕」の文字とオレンジ色の着色が見える。横断歩道の中にあって、大きさはこの程度だ。用途は仕切弁なのだろう。

mh239再生水新橋浜松町 (3)
こちらは「再生・空」。空気弁だと思う。こちらにも着色ありのものがあるはずであるが、画像が目下ない。

下水道局の再生水のページを見ると、芝浦水再生センターから「品川駅東口地区」「大崎地区」「汐留地区」「永田町及び霞が関地区」「八潮及び東品川地区」に再生水が供給されているとある。おそらくは汐留か永田町/霞が関に向かう管路がこのあたりにあるのだろう。

2015年に観た映画

2009年版(仮集計)
同(完全版)
2010年版
2011年版
2012-13年版

今回の記事はこれらのつづきである。

とりあえず、月毎の本数。
1月:2本    2月:5本    3月:3本    4月:6本    5月:3本    6月:11本
7月:0本    8月:8本    9月:5本    10月:3本    11月:0本    12月:9本

……締めて、55本。去年より1本増えた計算だ。

で、劇場別は以下のごとし。
新文芸坐 15
ラピュタ阿佐ヶ谷 10
シネマヴェーラ渋谷 8
神保町シアター 7
新宿バルト9 3
早稲田松竹 2
キネカ大森 2
●川崎チネチッタ 1
●ユジク阿佐ヶ谷 1
●丸の内ピカデリー 1
下高井戸シネマ 1
●シネ・リーブル池袋 1
●目黒シネマ 1
●立川シネマシティ 1
自主上映会 1


けっこうムラが出た。あたまに●のついているのが今年の初訪館。


で、スクリーンに観に行ってよかったものベスト10。観た順で。

・「独立愚連隊」(1959/東宝/岡本喜八)@シネマヴェーラ渋谷 2/26
DVDでは何度か観ていたが、スクリーンで見る機会はこれまで都合が合わなくて得られなかったもの。
喜八の個人的ベスト「独立愚連隊西へ」も、劇場で見る機会が実はまだない。
東宝の脇役俳優が大量に見られるのはよいものである。

・「天国の門 デジタル修復完全版」(1980/アメリカ・UA/マイケル・チミノ)@早稲田松竹 4/4
UA社を大負債によって潰したいわくつきの映画の完全版。
公開当時はWASPの恥部を強調して蒸し返したのが癪に障ったせいか全米が叩いたというが、
WASPに肩入れする義理のない立場から見れば、題材にも絵にも申し分ない、雄渾な大作であるとしか感じない。
ただ黒澤明が完璧主義を発揮しても、多分だいぶ安上がりで撮れるだろうと思う。その点、無駄は無駄。

・「砂の器」(1974/松竹/野村芳太郎)@神保町シアター 4/27
原作の不備をカットし適切にまとめ直した映画化のお手本のような脚本がとても良い。
ただ作中の協奏曲は幼稚に感じた。こちらは俗情とのケッタクのお手本のようでとても悪い。
宮本常一の本で読んだが、遍路にかこつけて故郷からよく追い出された患者は実際にいたという。

・「天国と地獄」(1963/東宝/黒澤明)@新文芸坐 6/2
今年は新文芸坐の黒澤明特集に通うことができたので、スクリーンでは未見ばかりだった黒澤映画をだいぶ観る事ができた。
観た中ではこれがいちばん。これは天下最高の佐田豊映画というべきであろう。

・「デルス・ウザーラ」(1975/ソ連/黒澤明)@新文芸坐 6/4
これは特別上映企画で、応募して当選すれば無料で観られるものだったはず。
黒澤明好きでかつスラヴ者でもありながら、なんとソフトでも観たことがなかった。
デルスの話すロシア語がмного-много良い。虎もかわいい。

・「ピクニックatハンギング・ロック」(1975/オーストラリア/ピーター・ウィアー)@新文芸坐 6/27-28
変な映画だった、どこがいい、とか語りたいことは(ここに選んでおいてなんだが)別にないのだが、
中盤にコナン・ドイル「ボスコム渓谷の惨劇」に出てくるCooeeと思われる掛け声が出てくる。
あれを聞いて見たければこの映画は必見である。

・「荒野の千鳥足」(1971/オーストラリア/テッド・コッチェフ)@新文芸坐 6/27-28
しけたオーストラリアの田舎で、貧相な主人公がきったないオッサンどもに振り回され、
ビールとギャンブルとカンガルー狩りのどぶどろ沼に引きずり込まれ…というえげつない映画。
カンガルー狩りのシーンには狩猟の記録映像を利用しているとかで、つまり殺害シーンは本物。大いに酷い。
豪州特集のオールナイトで強制的に観せられなければ観なかった映画だと思う。
今年はオーストラリアづいていた。

・「日本のいちばん長い日」(1967/東宝/岡本喜八)@新文芸坐 8/8
原作の方である。新作はきわめて稚拙な代物でがっかりした。
この時点での東宝専属俳優の相当数の顔が見える。専属も含め、よくもまあこれだけ多彩な面子を揃えたものである。
こういう映画を成り立たせていた「映画俳優」はこの数年後には全員専属解除で、東宝からはいなくなった。

・「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015/豪・米/ジョージ・ミラー)@新宿バルト9 8/15
あまりにも好評なのでシリーズ過去作を観ないままに行ったが、さほど問題はなかった。
自分がこういう映画に入り込めるとは発見だった。
「ピクニック~」「荒野の~」等の上映は、これの先触れだったわけである。
シリーズ第1・2作もその後観たので、今年は豪州映画をなんと7本もみたことに。

・「大菩薩峠」(1967/東宝/岡本喜八)@シネマヴェーラ渋谷 12/12
3本目の喜八だ。今年はとりたてて特集上映がなかったはずだが、わりと未見の喜八を消化できた感がある。
仲代達矢を連れてきたらまあこうなるだろうなあ…という狂犬じみた机龍之介が個人的な好みにはあっていた。
国内よりも、昔からアメリカあたりのサムライ物ファンに受けていたというのは、判る気がした。


というわけで、今年は未ソフト化の作品はさして良いものと出会えなかった。
全部DVDなりが出ているので、観ようと思えば容易なものばかりであった。




【マンホールナイト7】消火用吸水孔の新事実

私はこれまでに、消火用吸水孔についての記事を3回書いているはずだ。

第1、渋谷区神宮前の旧八千代橋(渋谷川暗渠)にある東京府の消火用吸水孔について。
第2、杉並区と中野区にまたがる和田廣橋(善福寺川開渠上)にある東京市の消火用吸水孔について。
この2本ぶんの内容は、かつて第2回マンホールナイトでとりあげた範疇である。
そして第3が、上記2本の記事を書いた後に判明した事項(および汐留運河の浦島橋にある第3の現存例)についてまとめた「暗渠ブーム便乗・消火用吸水孔の正体を追う!」と題した今夏の記事である。

この3本目の記事を書いたあと、私はマンホールナイト7(2015年11月8日・開催済)でその内容を発表しないかと勧められた。
東京市公報の発見はそれなりに核心に近づいた大きな収穫だと思っていたので、私としても乗り気で引き受けた次第である。

さて、その発表用スライドを作成中、ちょっと他の用事から東京都公文書館のデータベースを検索していた私は、ある気になる資料に出くわした。その名も、
善福寺川第6号橋新説工事、工事積算書」〔杉並区和田本町~中野区富士見町に至る善福寺川上に架す〕
同4号橋(以下略)」〔同〕
というもの。
6号橋・4号橋とだけ言われても当然どこのことやら判然としないが、よくみると文書の起稿が昭和13年で、さらに但書きには「杉並区和田本町~中野区富士見町」という記述がある。これはどうも、東京市公報でみた例の「和田廣橋、和田見橋」を指しているらしい。
そこで、世田谷の上野毛にある、玉川高校とやらの旧校舎を再利用した公文書館に行ってきた。幸いこれらの文書を含む簿冊は電子化済みなので、都立中央図書館のマイクロフィルム化した東京市公報を見るよりも閲覧はいくらか楽だった。

問題の資料は、それぞれの橋の建造計画書、資材発注書、事後の決算書や図面などの雑多な書類を一つのファイルにまとめたものだった。200コマ程度あるものを順番に見ていくと、「6号橋」のほうの精算要項と題された帳票にみごと「鋳鉄製 消火用吸水孔」の文字を発見することができた。

youkou1.jpg youkou2.jpg
数量1個、計画単価116円に対し精算額96円だとある。計画ではこれは228キロあって、116円とはキロあたり50銭に雑費2円を足したものだ、なんてことまで分かってしまった。ついで見ていくと「材料購買決定通知書」なるものも。

koubai.jpg koubai2.jpg
これによると決定通知が昭和13年2月7日、納期が3月5日。発注先は神田区司町の業者である。「本品は質純良鋳造完全にしてその質均一かつ緻密なるべし」「本品は表面平滑にして模様鮮明なるべし。場合により削成せしむべし」などとも読み取れる。

aozu (1)
極めつけはこれである。図面まで出てきた。

aozu (2)
蓋の上端をよくみると蝶番の軸が書かれているのが見える。これを見に行った数日まえ、和田廣橋の蓋は上部に隙間もないし蝶番式ではなさそう、なんて話をしたばかりだったのだが、意外にもちゃんと蝶番が付いていた模様。外からだとあんまりそうは見えないのだが…。
なお「4号橋」のファイルには消火用吸水孔については書かれていなかったので、4号が和田見橋で6号が和田廣橋なのだろうと察せられる。
とにかく、この文書の発見によって、和田廣橋に関しては昭和13年3月竣工の当時から消火用吸水孔をそなえていたことが立証された。個人的には、これだけいろいろな符合や発見が揃ってくるとなれば、橋梁吸管投入孔と消火用吸水孔とが別個に計画され設置されたとは非常に考えにくいのではないか、十中八九同じものと見なして良いのではないかと思っている。八千代橋や浦島橋についても同様の資料が見つかればいいのだが、まだ発見できずにいる(必ず保存されているとも限らない)。

      ※   ※   ※      

こうなってくると気になるのは、実際に使われた形跡があるかどうかである。そこで、記録が多く残っている渋谷八千代橋界隈のものを重点的に、空襲証言集の類をいろいろ読んでみた。結論から言えば、100%の確証は見つからなかったが、1945年5月24~26日のいわゆる山手大空襲(3月10日以降の空襲で焼け残った部分をあらかた焼いたもの)に罹災した渋谷区住民が語る、当時の渋谷川の様子がいろいろわかって興味深かったので紹介してみよう。

一番の重要証言は、青葉町(いまの青山通沿い、こどもの城跡地ちかく)に住んでいた当時20歳の女性のものである。
まだなじみのない土地、どこへどう逃げたらよいかわかりません。とりあえず美竹町の梨本邸の方へ坂をかけ下り、穏田川の橋を渡ってと思いました。でも橋には消防自動車が立ち往生していて渡れず、裏道へ渡りました。」(船場千恵子:『表参道が燃えた日』 p.140.)
当時渋谷橋はまだ架かっていなかったので、梨本宮邸脇から隠田川へ下った先の橋とは、九分九厘、八千代橋のことと思われる。その夜、確かに八千代橋に消防車が来ていたのだ。消火用吸水孔をちゃんと目論見どおり使っていたかはわからないが、かなり重い証言だということができる。考えてみれば当然のことなのだが、この証言からは、橋の上に消防車が来ると避難経路が塞がれてしまう、という制度設計上の欠陥が見て取れるように思う。なお梨本邸というのは戦後臣籍降下した皇族の梨本宮のことで、そこの護りのために最寄りの八千代橋に吸水孔が設けられた可能性があるのではと思う。近隣のほかの重要施設というと、強いて言えば都電青山車庫が該当するくらいだろう

つぎに有名人、渋谷育ちの鉄道作家、宮脇俊三である。この人の家もどうやら八千代橋の直ぐ側だったようだ。戦中には本人は世田谷に移っていたようだが、空襲当時の渋谷川について宮脇は次のように書いている。
代々木練兵場を目指した人たちは、目的地にはたどりつけなかったが、渋谷川に飛びこんで辛うじて助かった。私の叔母一家も渋谷川に浸って生き残った組であった。火の粉が髪や首すじに降りかかると、互いに水をかけて消し合ったという。渋谷川の水は下水同然のドブ川で、ふだんは臭気のただよう汚い川であった」(「増補版 時刻表昭和史」 pp.226-7.)
同じく渋谷川に浸かっていたという神宮通住民は、
方々でもって水道出しっぱなしにするから、水はどんどんふえてくるね。」「とにかく水がふえるんだよ。あらゆるところで放水するんだから。」(丸山友吉・談:『東京大空襲・戦災史』第2巻 p.393.)
と興味深い状況を伝えている。やはり渋谷川に逃げ込んだ穏田住民も
突然上流の関が破れたのか、急に水量が二〇~三〇センチと増し、身体の流される危険にさらされた。」(粕壁直一:同書 p.491.)
川の水はヒザ下までだったので、火の粉が防げない。(略)しばらくして、川の水が増えはじめたのに気づき、急いで起きあがり、渋谷寄りの(宮下橋だと思ったが)ほうへ歩きだした。水道管などが破裂して、水が増えたのだろう。みるみるうちに、胸のあたりまで水がきた。」(田中幸子:同書 p.494.)
などと伝えている。どうやら、この夜の渋谷川の水量は当初少なかったのが、遅くなってから増えたらしいのだ。個人的には「上流の関が破れたのか」という文言が気になる。関というのが確かにあったとすれば、それは水位上昇装置でもあったのかもしれない。

消火用吸水孔についていまわかったこと、想像できることは以上である。他所の地区ではドブ川の水で消火に成功した証言もあり、防空用に自然水利を整備しようという発想自体は的外れのものではなかったようだ。しかし、そもそもの水量の乏しさや、先ほどの証言で見た避難経路を塞ぐ問題などを考えると、おおよそ焼け石に水の苦し紛れの施策だったと評価して間違いなさそうだ。
今回もまだ絶対的な確証といえるレヴェルのものは得られていないが、かなりの確率で消火用吸水孔は「戦争遺跡」と呼びうるものではないかと思う。

      ※   ※   ※     


以上が「マンホールナイト7」の発表内容だ。
スライドを公開しておく↓
マンホールナイト7 発表用スライド


◆参考文献(空襲に関するもののみ)
東京大空襲・戦災誌』第2巻 東京空襲を記録する会、1973.
『表参道が燃えた日』増補版 「表参道が燃えた日」編集委員会、2009.
『続 表参道が燃えた日』 「表参道が燃えた日」編集委員会、2011.
大越一二編著『東京大空襲時に於ける消防隊の活躍』 警察消防通信社、1957.
宮脇俊三『増補版 時刻表昭和史』 角川書店(角川ソフィア文庫)、2015.改定
プロフィール

rzeka

Author:rzeka
マンホール等探索者。

因果なことにアカデミックニート=人文系大学院生でもある。
rzekaはポーランド語で川の意。因みに発音はIPAだと[ˈʒɛka]になる。「じぇか」に近い音。



当ブログについて:リンクはご自由に。拙文がリンクされるようなサイトの話題には多分関心があるので、よければリンク張ったら呼んで下さい。画像の直リンクはfc2の環境上望ましくない(ちゃんと表示できないケースが多い)ようですので、あまりおすすめしません。なるべく記事ごとかブログトップ、カテゴリトップへのリンクを推奨します。但し、文章・画像その他すべての著作権は当方に帰属します。 ©rzeka

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
2012.6~
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。